ホビー事業部の開発ブログ

プラモデルと日夜格闘する、バンダイ ホビー事業部の開発スタッフによる公式ブログです。

奇跡だよ!8月1日千歌HBD!!!

こんちか!いつもお世話になっております。
静岡県出身、ホビー事業部企画担当のみやっぱーです!

 

 

 

f:id:bandaihobby2:20170726101801j:plain

今日は8月1日!高海千歌ちゃんのお誕生日です♪

 

明るくひたむきに頑張る姿はいつも我々の涙腺と母性をくすぐります。

千歌ちゃんの生き方、成長はみやっぱー達 大人世代にもすごく響くものがあります!

初心にかえるし、仕事を進めるうえで辛い時もいつも、千歌ちゃんを見習わねばって思えます!

今後も応援し続けるぞーーー!!!

 

 

千歌っちのぷちゅあらいず&Figure-riseBustは発売中!

お店で見つけてぜひぜひお迎えしてくださいね♡

 

 

いよいよEテレでのラブライブ!サンシャイン!!再放送の日付が迫り、テンションあがりまくり!プラモ作りながら視聴予定のみやっぱーです!

8/ 6()午前0:25~2:05 土曜深夜 1~4話
8/13()午前025205
土曜深夜 5~8話
8/20()午前025225 土曜深夜 9~13話
※放送予定は変更になる場合があります。

 

 

 
それでは今回はこの辺で!(・∀・)ノ゛ またお会いしましょう!
--------------------------------------------------------
商品情報
●ぷちゅあらいず ラブライブ!サンシャイン!!(千歌・梨子・曜)
 ※3人の中から一人を選んで組み立てられるコンパチ仕様

●Figure-riseBust高海千歌

発売中!FRB千歌っちレビュー☆ - ホビー事業部の開発ブログ


いずれも価格:各1,944円(税8%込)
発売元:バンダイホビー事業部

 

プラモデル「ラブライブ!サンシャイン!!」シリーズ |バンダイ ホビーサイト



(C)2016 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!

 

 

【SW】拘りご紹介コラム第2回 ミレニアム・ファルコンの魅力あるメカ

いつもお世話になっております。

ホビー事業部宣伝担当のヤス男です。

 

 

前回のミレニアム・ファルコンの記事について、大変多くの反響をいただきました。

ありがとうございます!

 

↓ 前回の記事はこちら

【SW】拘りご紹介コラム第1回 至高の「ミレニアム・ファルコン」 - ホビー事業部の開発ブログ

 

 

今回も引き続き、企画開発にあたり多大なるご協力をいただいた撮影用モデル研究家の鷲見博氏に、「PG 1/72 ミレニアム・ファルコン」の拘りの凄さを解説していただきます。

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ミレニアム・ファルコンの魅力あるメカ

 

ミレニアム・ファルコン開発ブログの2回目は前回に引き続きディテールの再現性の高さをお伝えするとともに、ボディ下面の穴メカ(装甲板が無く機体内部のメカが見えている部分)についてご紹介したいと思います。

 

f:id:bandaihobby2:20170728121445j:plain

 

前置きとして、

「PG 1/72 ミレニアム・ファルコン」は「スター・ウォーズ/新たなる希望」の撮影時に製作された撮影用モデルを基にキット化しています。この撮影用モデルは全長およそ1.7㍍の大型モデルで、「新たなる希望」では全編を通して利用されたのに加え、「スター・ウォーズ/帝国の逆襲」では宇宙ナメクジの洞窟やクラウド・シティへの着陸シーン、さらに「スター・ウォーズジェダイの帰還」では、クライマックスのデススター突入時にレーダーをトンネル壁に激突させるシーンなどに利用されました。ちなみに劇中映像で最もディテールがクリアに見えるのは、「帝国の逆襲」でクラウド・シティから落下しそうなルーク・スカイウォーカーを助けるシーン。宙づりになるルーク・スカイウォーカーの下からミレニアム・ファルコンがグッと迫るのですが、スローな動きに加え画面一杯に大写しになるため資料性の高いシーンになっています。

なお、ミレニアム・ファルコンの最大の撮影用モデルは「帝国の逆襲」で製作された約4.5㍍の撮影用モデルで、画面に映る部分だけが製作されました。上記と同じ宙づりになるルーク・スカイウォーカーを助けるためランド・カルリジアンがミレニアム・ファルコン上面のハッチに出てくるシーンで利用されました。

 

今回キット化した1.7㍍の大型モデルは、「新たなる希望」では、ランディングギアが3脚で製作されましたが、「帝国の逆襲」になる際、5脚に改修されています。上記写真でいうと、黄色の着色エリアにランディングギアの収納ボックスが新たに設置され、キミドリ枠の穴メカは小さくしたうえ、外側に移動されました。そのため現存する撮影用モデルは5脚の状態で、3脚の状態は写真資料しか残っていません。長くこの部分の詳細は不明でしたが、公式な資料として『スター・ウォーズ・クロニクル エピソード4,5,6/ビークル編』(学研)に詳細写真が掲載されました。

 

 

f:id:bandaihobby2:20170728121518j:plain

上画像は同書掲載の写真と同様のアングルにしたものですが、ディテールの再現性の高さが分かって頂けると思います。特に、キット開発に当たっては装甲板に隠れた部分の再現にも力を入れました。穴メカの中には多くの流用パーツが配置されているのですが、装甲板の下に隠れて全体像が見えないものが多いのです。また、パーツとパーツが重なり見えなくなる部分も流用パーツから撮影用モデルの形状を解析しました。

 

穴メカをアップでみると・・・

f:id:bandaihobby2:20170728121710j:plain

 

装甲板に隠れている主な部品を配置すると以下のようになります。

f:id:bandaihobby2:20170728121739j:plain

これらの発見した流用パーツから見えないエリアの形状を知ることが出来るのですが、この穴メカには撮影用モデルの中でも珍しい特徴があります。それは、矢印の戦車ボディの上に別の戦車ボディが重なる重層構造になっている点です。

 

 

アングルを変えると流用パーツの重層構造の美しさが伝わると思うのですが、デザイン的に重要だと思われるのが、上側に重なるボディ下に多くの流用パーツやパイプが引き込まれることでメカニカル感が強調されている点です。

f:id:bandaihobby2:20170728121839j:plain

なお、パーツの再現性について付け加えると、先ほど矢印で示した戦車ボディは以下のような形状です。

f:id:bandaihobby2:20170728121902j:plain

この2枚を比較すると形状再現性の高さが分かると思うのですが、この流用パーツは1回目の記事でご紹介したパンター戦車ではなく、ドイツ軍の重戦車ティーガーII系のボディを利用しています。上記のボディ形状を持つ戦車は、様々な模型メーカーからキットが発売されていたのですが、ファルコンに流用された模型メーカーからは、ヤークトタイガーとキングタイガー(砲塔違いもあり)が発売されていました。

 

f:id:bandaihobby2:20170728121930j:plain

この2キットを比較すると、形状はほとんど同じなのですが、付属部品を接着するためのダボ穴(青枠)に差異を見ることができます。2枚上の画像を見て頂くと、ファルコンに流用されたキットはキングタイガーだったことが分かって頂けるでしょう。バンダイキットのディテールは元の流用パーツを特定できる情報量を持っていると思います。

 

 

上記でご紹介した重層構造は上下方向の重なりだったのですが、実は左右方向にも重層構造がみられます。

f:id:bandaihobby2:20170728122028j:plain

穴メカの内側壁には、キミドリ矢印のH鋼構造材と、青矢印のラティス構造の構造材が2重で配置されているのです。特に青矢印の構造材はかなり奥に配置されているため映っている写真が少ないのですが、僅かな資料から元キットを特定して形状を作成しました。

 

 

以下は解析した3パーツです。この3パーツが重なることで左右方向のメカニカル感がグッと高まっています。

f:id:bandaihobby2:20170731143427j:plain

 

 

 

こうして完成したのが以下のキット部品です。

f:id:bandaihobby2:20170728122351j:plain

 

この部品をボディに組み込むと、縦方向と横方向の重層構造がさらに存在感を増してメカニカル感が高まります。

反対側の穴メカについても、

f:id:bandaihobby2:20170728122437j:plain

上下方向と左右方向の重層構造が美しいです。特に中央部にF1のエンジン部品があるのですが、そのエンジン部品から4本のパイプが飛び出し、上側を覆う板状部品を超えてそれぞれの位置に引き込まれていく様がメカニカル感を高めるとともに美しいディテールを形成しています。

 

バンダイ ホビーサイト「PG 1/72 ミレニアム・ファルコン」の記事でも書かせて頂いたのですが、こうした穴メカの細かい形状は劇中映像にはほぼ映りません。特にH鋼の奥にあるラティス構造材に至ってはその存在自体があまり知られていないと思います。

しかし、「新たなる希望」の特撮スタッフはここまで作り込んでいるのです。

個人的には、特撮スタッフの情熱と意識の高さ、そして目の前で完成していくファルコンの魅力がここまで作り込ませた、と思っています。

 

 

 

                         撮影用モデル研究家 鷲見博

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

撮影用モデルや「PG 1/72ミレニアム・ファルコン」に込められたスタッフの情熱が伝わってきますね!

本キットを組み立てることで、ぜひその熱い想いを追体験していただけますと幸いです!
 

ご注文はプレミアムバンダイからお願いします。

 

 

p-bandai.jp

 

PVも公開中です!

youtu.be

 

 

--------------------------------------------------------
DATA

 

PERFECT GRADE 1/72 ミレニアム・ファルコン

発売日:プレミアムバンダイ ホビーオンラインショップにて8月28日より順次発売予定

価格:43,200円(税8%込)

発売元:バンダイホビー事業部

 

STAR WARS PLASTIC MODEL - バンダイ ホビーサイト

 

(C)&TM Lucasfilm Ltd.

 

 

【今週末】夏だ!フィギュアだ!ワンダーフェスティバル!

こんにちは!静岡県出身、ホビー事業部 企画担当みやっぱーです!

 

毎日あついですねぇー皆さんいかがお過ごしですか?

じめじめ気分をワクワク気分にかえるご報告です!

 

 

ホビーサイトでも告知させていただきましたが、

 

冬に続いて夏も出展しますよ! 

ワンダーフェスティバル2017[Summer]!

 

今週7月30日(日)は

幕張メッセにあつまれーーー!!!!

f:id:bandaihobby2:20170726102449j:plain

 

Figure-riseシリーズを徹底解剖!その魅力を余すことなくお見せします。

 

そして、話題のPG 1/72ミレニアム・ファルコンも展示予定!超絶ディテールを

実際に確認できるチャンスです!

 

他にも初お披露目を含む多数アイテムを展示予定ですので是非バンダイホビーブースに

お越しください!

 

 

さらに今回は、ゴッドハンド様、GSIクレオス様とコラボ!

f:id:bandaihobby2:20170726103016j:plain

 

 

 

バンダイホビー事業部公式twitterでも、最新情報を随時おとどけするので、ぜひぜひフォローお願いしますです♡

バンダイ ホビー事業部 (@HobbySite) | Twitter

 

 

それでは今回はこの辺で!(・∀・)ノ゛ またお会いしましょう!
--------------------------------------------------------

ワンダーフェスティバル公式サイト ワンダーフェスティバル|Wonder Festival

 

詳細はホビーサイトもお見逃しなく! 

ワンダーフェスティバル2017[Summer]|イベント|バンダイ ホビーサイト

ラブライブ!ニッパー!!とFigure-riseBustラブライブ!サンシャイン!!

 

こんにちは!いつもお世話になっております。
静岡県出身、ホビー事業部企画担当のみやっぱーです!

 

 先日ラブライブ!公式にて

GodHand様の新商品 ラブライブ!ニッパー!!が発表されましたね!

f:id:bandaihobby2:20170713170622j:plain

【限定商品】ラブライブ!ニッパー!!【全9種】イベント販売決定! | ゴッドハンド株式会社 オフィシャルサイト

 

ニッパー由来の名前を持つみやっぱーも大注目のこちらのアイテム、

7月30日開催のワンダーフェスティバルでゲットすることができますよ!

  

実はここだけの話、開発ご担当の高橋氏と監修などにもちょっとだけご一緒させていただきました。

カラーや刻印のチョイスなど長い開発期間を経て、やっと発売・・・!感動!どの商品にもドラマありですね

 

*************************************

GodHand様よりサンプルをいただきましたので早速トライ!

  

f:id:bandaihobby2:20170718110959j:plain

作品を知らない人にとってもデザイン的にとっても可愛いですね~9色カラフルです♪

メンバー要素抜きにしても梨子ちゃんの濃いめピンクのカラーがとっても好き!

 

f:id:bandaihobby2:20170718111036j:plain

メンバーの名前とアイコンがかわいい! 

f:id:bandaihobby2:20170718111020j:plain

f:id:bandaihobby2:20170718111751j:plain

裏にもAqoursのロゴ発見!

 

片刃ニッパーさんは、それぞれの刃がまな板と包丁みたいな関係になっているそうですよ!初心者にも扱いやすい♡

 

f:id:bandaihobby2:20170718111142j:plain

ためしにFigure-riseBustをカット。切れ味・・・きんっもっちいいーーーー!

 f:id:bandaihobby2:20170718111304j:plain

プラスチックでできているランナーも、もっちりと!もっちりと切れてしまうからすごい!はまる!

 

GodHand様の職人さんが1つ1つ磨き上げてこのニッパーは作り上げられているという事で・・・もはや伝統工芸品なのですね!4500円も納得。

 

 

もちろん、弊社バンダイホビー事業部から発売の、

ラブライブ!サンシャイン!!プラモデルへの使用を推奨なのです!!

だれっすか!

ニッパーで何作ったらいいの?ガンプラ?ってぽかーんとしてるパイセンは!!!

バンダイから2シリーズもラブライブ!サンシャイン!!のプラモデル発売してるっすよ!!!全12商品ですよ!!!!唯一無二のプラモ商品っすよ!!!

 

Figure-riseBustラブライブ!サンシャイン!!シリーズが特におすすめ

 bandaihobby.hatenablog.com

 

 

プラモとラブライブ!ニッパー!!をお揃いでコーディネートして、

初めての人も楽しいプラモライフに挑戦してみてくださいね!

 

 


それでは今回はこの辺で!(・∀・)ノ゛ またお会いしましょう!
--------------------------------------------------------

【限定商品】ラブライブ!ニッパー!!【全9種】イベント販売決定! | ゴッドハンド株式会社 オフィシャルサイト

プラモデル「ラブライブ!サンシャイン!!」シリーズ |バンダイ ホビーサイト



(C)2016 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!

【SW】拘りご紹介コラム第1回 至高の「ミレニアム・ファルコン」

いつもお世話になっております。

ホビー事業部宣伝担当のヤス男です。

 

 

商品化の発表以来、世界中で大きな話題となっている「PG 1/72 ミレニアム・ファルコン」。

今回は、企画開発にあたり多大なるご協力をいただいた撮影用モデル研究家の鷲見博氏に、「PG 1/72 ミレニアム・ファルコン」の拘りの凄さを紹介していただきます。

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

至高の「ミレニアム・ファルコン」

 

「至高」は使い方によっては空々しくなると思うのですが、本キットが完成するまでに注がれたエネルギーやこだわり、愛情がちょっと普通じゃないことをお伝えしたい。「愛情」もテキストにすると何だか感が漂いますが、この記事を読み終えるときに、すこし大袈裟な「愛情」や「至高」がしっくりくれば幸いです。

では早速。

 

ミレニアム・ファルコンのキットは、撮影用モデルが持つ

①左右非対称で、絶妙な全体バランス

②美しいグラマラスなボディライン

③各所に配置された膨大かつ繊細なディテール

の全てを再現したとき、究極のキットと言えるでしょう。

 

例えばせっかくミレニアム・ファルコンのキットを作っても、いざ完成してみたらコクピットの位置が低かったり、レーダーが少し小さかったり、その位置が少し後ろだったり、さらには、細部ディテールの形状が違っていたり、前方にせり出した三角形のエリアが小さかったり・・・  これではどうしようもありません。

しかし、バンダイのキットは、①②③の全てを圧倒的なクオリティで実現しています。

 

まずは、一番お伝えしやすい、③のディテールの再現性からです。

魅力的なディテールを持つ扇形のエンジン上パネルでご紹介します。

 

 

スター・ウォーズの撮影用モデルは、戦車や戦艦、戦闘機、F1などのプラモデル部品を流用したことで知られていますが、バンダイキットでは、ミレニアム・ファルコンに流用されたあらゆるパーツを探し出し、その形状を余すことなく再現しています。

 

f:id:bandaihobby2:20170720090547j:plain

 

キミドリ枠は、ミレニアム・ファルコンに利用された流用パーツの中でも最も有名なドイツ軍のパンター戦車(1/35スケール)のボディ部品です。

 

 

 

流用パーツとCAD画像を並べてみると、

f:id:bandaihobby2:20170720090620j:plain

全体の雰囲気を正確に捉えているのが分かると思うのですが、さらにアップで見ると、

f:id:bandaihobby2:20170720090643j:plain

円形のグリル形状が丁寧に再現されているのは当然ながら、ビス類が同じ場所に同じ個数、もれなく配置されているのが分かるでしょう。

 

 

 

なお、Aはビスで、Bは小物部品を接着するためのダボ穴なのですが・・・

f:id:bandaihobby2:20170720090719j:plain

f:id:bandaihobby2:20170720090812j:plain

上記写真でビスとダボ穴をそれぞれ区別してディテール再現しているのが分かります。なお、キットのディテールは実際の流用パーツをおよそ3割の大きさに縮小しています。そのため、形状をアレンジする場合も一部あります。形状アレンジは、形状寸法や金型の抜き勾配から必要になるわけですが、それでも、元パーツの雰囲気を再現するのにエネルギーが注がれています。

 

ファルコンには膨大な流用パーツが張り付けられています。上記のパンター戦車は「有名な部品だから再現性が高い」、という訳ではありません。すべての部品が同じエネルギー量で再現されています。円や四角などの単純な形状も、「こんな感じかな」といったイメージで形状を作ることはありません。

f:id:bandaihobby2:20170720090844j:plain

キミドリ枠をアップで見ると以下のようなディテールなのですが・・・

f:id:bandaihobby2:20170720090910j:plain

矢印はただの円形凸モールドに見えますが、見る角度を変えると天面が傾いているのが分かります。

f:id:bandaihobby2:20170720090929j:plain

もちろんこれは、流用パーツの天面が傾いているからです。

f:id:bandaihobby2:20170720091034j:plain

ちなみに、(右側の写真の)円形の流用パーツが透けた乳白色になっていますが、同部品はもともとメッキ部品で、メッキを剥がすとこの状態でした。当然なのですが、撮影用モデルに利用された流用パーツがこの部品なため、その形状を正確にトレースしている訳です。両写真を見比べると、この周辺部品も再現性が高いことが分かって頂けると思います。

 

 

最後にご紹介したいのが、以下のパネル部品です。

f:id:bandaihobby2:20170720091051j:plain

ファルコンのボディ表面には、プラ板をカットして作った装甲板が全体を隈なく覆っているのですが、上のキミドリ部分はプラ板ではなくプラモデルの部品を流用しています。

 

 

 アップでみると、筋彫りなどや球形凸モールドなどわずかながらディテールがあることが分かります。

f:id:bandaihobby2:20170720091113j:plain

これは下記1/24スケールのイギリス空軍機の部品で、おおよそですが赤ラインで切断して利用しています。

 

f:id:bandaihobby2:20170720091159j:plain

これは翼の下面で着陸脚が翼中央側に収納されるため、タイヤの形(円形)の切り欠きがあります。こうした形状や筋彫りが、ファルコンのディテールとして利用されているのですが、飛行機部品なのでプラ板のように平面な板ではなく、微妙に湾曲しています。

 

f:id:bandaihobby2:20170720091220j:plain

湾曲は空気の流れる前後方向だけでなく、赤の切断ラインを見て頂くと、翼中央がわずかながら膨らんでいるのが分かります。

ごく僅かな湾曲ですが、キットでも同様の形状が再現されているのです。

f:id:bandaihobby2:20170720091750j:plain

バンダイキットは組み立てやすさも重視するため、部品を極力一体化しているのですが、流用パーツがボディから浮いた状態になっているものは別部品にして撮影用モデルの印象を再現しています。多くのパイプ部品が別部品になっているのも、完成時の印象を重視するためですが、一体化する部品と別部品にするものとの取捨選択にも多くの時間が掛けられ検討されました。きっとそこにも深い愛情を感じて頂けると思います。

 

                         撮影用モデル研究家 鷲見博

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

第1回目から非常に濃いお話でした!

拘りの箇所はまだまだありますので、これからも何回かに分けてご紹介していきたいと思います!

 

ご注文はプレミアムバンダイからお願いします。

 

 

p-bandai.jp

 

PVも公開中です!

youtu.be

 

 

--------------------------------------------------------
DATA

 

PERFECT GRADE 1/72 ミレニアム・ファルコン

発売日:プレミアムバンダイ ホビーオンラインショップにて8月28日より順次発売予定

価格:43,200円(税8%込)

発売元:バンダイホビー事業部

 

STAR WARS PLASTIC MODEL - バンダイ ホビーサイト

 

(C)&TM Lucasfilm Ltd.

 

 

 


このページでは、記載内容・商品などに関するお問い合わせは受け付けておりません。ご了承ください。