ホビー事業部の開発ブログ

プラモデルと日夜格闘する、BANDAI SPIRITS ホビー事業部の開発スタッフによる公式ブログです。

※このページでは、記載内容・商品等に関するお問い合わせは受け付けておりません。ご了承ください。

漆黒のSUIT!!『ULTRAMAN SUIT Ver7.5(強行突入型)-ACTION-』のご紹介!

f:id:hobbywrite:20201228135216j:plain

 

ホビー事業部開発ブログをご覧の皆様、あけましておめでとうございます!

2021年もよろしくお願いいたします!!

 

寒い日が続きますが、ULTRAテンションをあげて新アイテムをご紹介!

 

 

月刊ホビージャパンで連載中の

フォトストーリー「ULTRAMAN SUIT ANOTHER UNIVERSE」より

ULTRAMAN SUIT Ver7.5(強行突破型)

2021年4月にFigure-riseStandard-ACTION-シリーズから登場!

 

届いたテストショットを組み立て、本キットの魅力の魅力を最大限お伝えしていきます!

 ※実際の商品には一部ホイルシール・マーキングの貼り付けがございます。

 

f:id:hobbywrite:20201228150020j:plain

f:id:hobbywrite:20201228150025j:plain
「ULTRAMAN SUIT Ver.7.5」を次元突破のためにブラックコーティングした

強行突入型で、フル兵装の特別仕様となっております!

通常のレッドとシルバーのヒロイックな印象とは異なり、特殊部隊のようなかっこよさ溢れるダークなカラーリングとなっています!

頭部に挿すクリアレッドがメカらしさを引き立たせ、さらに心を揺さぶります…!

 

f:id:hobbywrite:20201228135243j:plain

ブラックメタリックを採用した成形色による、より金属らしい重厚感のある外見にも注目です!!

 

f:id:hobbywrite:20201228135247j:plain

全身黒一色ではなく「ブラックメタリック」「ダークグレー」の2種を使用することで各部造形が明瞭になり、より引き締まった印象を与えます!

 

[WIDE SHOT]

f:id:hobbywrite:20201228135251j:plain

 

f:id:hobbywrite:20201228150029j:plain

武装の中でも一際目を引く[WIDE SHOT]も、しっかりとホールドすることが可能!

 

[SPECIUM SWORD]

f:id:hobbywrite:20201228135300j:plain

[SPECIUM SWORD]を抜刀するポージングももちろん可能!

 

f:id:hobbywrite:20201228135305j:plain

f:id:hobbywrite:20201228135310j:plain

f:id:hobbywrite:20201228135314j:plain

複数のボールジョイントを駆使する独自の新技術を採用したことで、-ACTION-シリーズ準拠の広域な可動!

股関節の引き出しと相まって、ひねりを加えたポージングや膝立ちも自然に取ることができます。

 

f:id:hobbywrite:20201228135318j:plain

f:id:hobbywrite:20201228135322j:plain

[SPECIUM SWORD] は2本付属!

二刀流のポージングも決まります!

 

[KNIFE]

f:id:hobbywrite:20201228135328j:plain

付属の「Figure-rise Effect台座」と合わせることで、[KNIFE]を投擲しているようなディスプレイが可能!

 

[EYE SLUGGER]

f:id:hobbywrite:20201228135332j:plain

原作者・清水栄一氏によるオリジナルデザイン武器[EYE SLUGGER]が付属!

 

f:id:hobbywrite:20201228135336j:plain

付属のジョイントパーツを使用することでEYE SLUGGERを連結させることができます!

 

[EX-RIFLE]

f:id:hobbywrite:20201228135346j:plain

[EX-RIFLE]は2丁付属!

 

f:id:hobbywrite:20201228135341j:plain

[EX-RIFLE]のマウント部分の可動と肩の引き出し構造によって、グリップに手がしっかりと届きます!

 

f:id:hobbywrite:20201228135351j:plain

プラモデルオリジナルの銃身拡張パーツが付属!

外見が大きく変わることでポージングの幅も広がります!

 

 

f:id:hobbywrite:20201228135356j:plain

豊富なオプションパーツで自分だけの組み合わせを見つけるのも、このキットの魅力の1つとも言えます!

 

いかがでしたでしょうか!

これまでの「Figure-rise Standard ULTRAMAN SUIT」シリーズの中でも

全身が黒!という異色のキットをぜひ皆様に手に取っていただければと思います!

 

「Figure-rise Standard ULTRAMAN SUIT Ver.7.5

(強行突入型)-ACTION-」は

2021年4月発売予定!

 

こちら数量限定生産での商品化となります!

 

ますます広がる「ULTRAMAN SUIT ANOTHER UNIVERSE」!

今後の展開にも是非ご注目ください!

 

『ULTRAMAN』が読めるヒーローズのマンガ配信サイト「コミプレ-Comiplex-」はこちら。

無料公開中のエピソードもございます!

viewer.heros-web.com

 

🄫円谷プロ 🄫Eiichi Shimizu,Tomohiro Shimoguchi

🄫HERO'S INC

※ホビーサイトではご予約を受け付けておりません。

※一部店舗では商品のお取り扱い、事前ご予約お取り扱いがない場合がございます。
 詳しくはお近くの店舗にお問合せください。 

【30MM戦線配備】エグザビークル(スペースクラフトVer.)[パープル]&指揮官機用オプションアーマー[シエルノヴァ用/ブルーグレー・ホワイト]

f:id:hobbywrite:20210105124547j:plain
 2021年最初のブログはちょっと変則的な内容での更新。先行して2月発売商品であるエグザビークル新作[スペースクラフトVer.]を紹介。そして1月9日発売予定の指揮官用オプションアーマー2色、ラビオット[ネイビー]を紹介。スタイル、造形、カラーリングとあらゆる要素で新しい楽しみを追求していける4製品を揃えてのスタート!

 近日公開予定の新情報も含め、ますます目が離せない30MMコンテンツ。それでは早速今回もその面白さにズームしていきましょう。

 

 

エグザビークル
(スペースクラフトVer.)[パープル]

f:id:hobbywrite:20210105112348j:plain
 2月発売製品から先行して紹介することになりました「スペースクラフト」。装輪タイプの4脚を持つ形態を基本としたメカニックデザインは島田フミカネ氏によるもの。ポルタノヴァ[宇宙仕様]とパーツの一部共有し、そこを起点としてとして起こされた新規パーツ群、新型の頭部がセット。

 

 

f:id:hobbywrite:20210105112425j:plain
 「スペースクラフト」というネーミングは、航空機全般を指す「エアクラフト」に相当する宇宙機全般を指す言い回しとして採用したもの。空間を浮かぶ宇宙船に限らず月面車や、人工衛星……に至るまでの諸々の「宇宙機全般」をフォローするデザインワーク。装輪(タイヤ)式のユニットもあればロケットノズルもある、バラエティに富んだモジュール構成になっています。

 

 それでは基本形態となる4脚装輪型からその仕様を紹介していきましょう。

 

 

f:id:hobbywrite:20210105112448j:plain
 製品の標準仕様、4脚装輪形態。カタログ写真では華奢なフレームの車型ビークルといった印象でしたが、実は可動範囲の広い四肢のフレームによって豊かな表情を持つメカニックであることがわかります。

 

 

 

f:id:hobbywrite:20210105112521j:plain

 地を這うような低い姿勢から中腰、直立。前脚基部のスイングでひねりの入った姿勢も可能です。

 

 

 

f:id:hobbywrite:20210105112602j:plain
 もちろん、脚を持ち上げて「歩く」動作を想定したポージングも可能です!

 

前脚ユニット

f:id:hobbywrite:20210105112804j:plain

  前脚基部は砲を1門備えたマウントフレーム。Cタイプジョイントをメインに据えた関節構成。

 

f:id:hobbywrite:20210105113010j:plain

 空間戦闘機形態に変形させることが可能。

 

 

f:id:hobbywrite:20210105113031j:plain

 さらに各機体のバックパックとして取り付けられます。

 

 

 

ブースターユニット

f:id:hobbywrite:20210105113106j:plain
 胴体部側面のロケットブースターユニット。アームを介して取り付けられているので多彩な表情をつけることができます。

 

 

f:id:hobbywrite:20210105113143j:plain  アームとロケットノズル基部はCタイプジョイントによるもの。各所のCタイプジョイント軸へ取り付けられます。

 

 

f:id:hobbywrite:20210105113205j:plain
 各機体のフトモモと互換する規格になっているので換装することもできます。

 

 

 

センターユニット

f:id:hobbywrite:20210105113313j:plain
 胴体部となるセンターユニット。実は単なるボックス型のユニットではなく、4輪走行型のトラクター(牽引車)としてもデザインされています。滑走路上で航空機を引く空港トラクターがモチーフです。

 

f:id:hobbywrite:20210105113327j:plain
 貨物トレーが付属し、Cタイプジョイントで接続/けん引が可能。

 

 

f:id:hobbywrite:20210105113344j:plain

 整備ドック内での武器の運搬や資材の搬入等世界観を広げる後方支援メカニックとして重宝します。

 

f:id:hobbywrite:20210105113412j:plain
 前後左右の4カ所にCタイプジョイント軸を配置。先述のロケットバーニアを配せば、それ自体をバックパックとして構成することもできます。

 

 

 

後脚ユニット

f:id:hobbywrite:20210105113529j:plain
 多重に重ねることで高い自由度を実現した基部に2節構成のメインフレームをもったデザイン。

 

f:id:hobbywrite:20210105113546j:plain
 装輪タイプのタイヤとしてデザインされた接地部はCタイプジョイントに被せるように取り付ける構成。

 

 

新型頭部ユニット

f:id:hobbywrite:20210105113701j:plain
 新デザインの頭部ユニットが付属。

 

f:id:hobbywrite:20210105113714j:plain
 この新デザインの魅力はポルタノヴァの頭部と互換するコト。前後2ピースの分割はそれぞれポルタノヴァの頭部前後のピースと互換。

 

 

f:id:hobbywrite:20210105113744j:plain
 左からスペースクラフト付属の頭部。ポルタノヴァとの組み合わせ例1、2そしてポルタノヴァの頭部。丸ごと新規を増やしていくだけではなく既存パーツとのコンビネーションが練られたデザインワークです。

 

 

 

f:id:hobbywrite:20210105113820j:plain

 もちろん、今までのエグザビークルと同じように各機体との組み換えカスタマイズの楽しみも広がります。多脚タイプのカスタマイズパターンが一気に増えるセット内容に仕上がっています。是非その応用性を実感してみて下さい。

2021年2月発売(※来月発売の商品です。ご注意ください。)

 

 

 

 

 ここからは今月1月9日発売予定の新製品の紹介です。

 

指揮官機用オプションアーマー

シエルノヴァ用オプションアーマーに新作「指揮官用」が登場。ブルーグレー・ホワイトの2色同時発売。

 

指揮官機用オプションアーマー[シエルノヴァ用/ブルーグレー]

f:id:hobbywrite:20210105114209j:plain

 

 

指揮官機用オプションアーマー[シエルノヴァ用/ホワイト]

f:id:hobbywrite:20210105114226j:plain
 フェイスユニット、胸部アーマー、肩アーマーの3カ所の装甲とスタビレーター、そして新しい脚部延長パーツを加えたセット構成。

 

f:id:hobbywrite:20210105114301j:plain
 装着例。左右のパドルフィン状のアンテナをもったフェイス部に長い脚。武骨な印象を推してきたシエルノヴァのバリエーションの中において飛びぬけてヒロイックな印象に仕上がっています。肩アーマーの一部と背部のスタビレーターは前作「高機動型」と共通の部品を採用。

 

f:id:hobbywrite:20210105114326j:plain
 注目は脚部延長パーツ。スネ下端を延長する構造でよりスマートな印象の長い脚部を構築可能。

 

f:id:hobbywrite:20210105114624j:plain
 胸部/肩部アーマーと共に、この延長パーツもポルタノヴァとも互換するので応用性も広い一品。

 

 

 

eEXM-21 ラビオット [ネイビー]

f:id:hobbywrite:20210105114727j:plain
 ラビオットに新色[ネイビー]が新発売。ネイビーブルーとライトグレーの組み合わせからなる本体にグラスアイ部はクリアグリーンの組み合わせ。

 

f:id:hobbywrite:20210105114744j:plain
 ネイビーブルーならイメージは海軍か?海兵隊か?それとも特殊部隊か?ラビオットの質実剛健なスタイルと相まって精鋭部隊の印象。あなたはどんなイメージを投影しますか?

 

 

 

 

より広く、より深く、探究心に応えるカタチ

f:id:hobbywrite:20210105115446j:plain

 2021年。進化を続ける30MM。
 新たな展開も準備しておりますので、

    2021年も30MMをよろしくお願いいたします。

 

 

 <1月9日 発売予定新商品>

 

30MM 1/144

eEXM-21 ラビオット [ネイビー] 

2021年1月9日発売 ¥1518(税込み)

f:id:hobbywrite:20210105174458j:plain

 

 

30MM 1/144 指揮官機用オプションアーマー
[シエルノヴァ用/ブルーグレー]

2021年1月9日発売 ¥440 (税込み)

f:id:hobbywrite:20210105174342j:plain

 

30MM 1/144 指揮官機用オプションアーマー
[シエルノヴァ用/ホワイト]
 

2021年1月9日発売 ¥440(税込み)

f:id:hobbywrite:20210105174414j:plain

 

 

 このPKGをチェック!

 

 

 

【特別増刊】30MMカスタマイズガイド(クリスマス編)

f:id:hobbywrite:20201221103707j:plain


 皆さんいかがお過ごしでしょうか?今年最後のカスタマイズミッションズも終了し、年末年始を前に一息つけていますでしょうか。
 おかげさまで30MMスタッフ陣も皆様に支えられた1年となりました。本当にありがとうございます。今年1月始まったこの公式ブログももうすぐ1年。今回は【特別号外】ささやかながらクリスマス会……もとい30MMブログクリスマス回をお送りします。

メリークリスマス!

 

季節を彩る30MM!?

 そうは言っても30MM。戦うロボットのシリーズです。いったい何をすればクリスマス?慌てなくても大丈夫です。公式ブログでは過去にハロウィン回もこなしております。

 これに倣って今回も一旦設定から離れて30MMをロボットキャラクターと割り切ったうえでクリスマススタイルのカスタマイズを模索してみましょう。

 

 

サンタ・ジ・アルト

f:id:hobbywrite:20201221103352j:plain
 サンタ姿のアルト。ポイントはフレームカラー。も赤の鮮やかさが映えるようにチョイス。

 

 

f:id:hobbywrite:20201221103919j:plain

 プレゼントを入れた袋はポルタノヴァ宇宙仕様の物を起点にラビオットの胴体等、体積を稼げる部品で大きく見えるように。背中に背負っても自立できるようにまとめてみました。

 

f:id:hobbywrite:20201221104141j:plain

 トナカイとソリも用意しました。トナカイに見立てたロイロイは「トナロイ」とでもいったところでしょうか。

 

f:id:hobbywrite:20201221104416j:plain 「さぁ、朝が来るまでもう時間がないぞ!」

 

f:id:hobbywrite:20201221104639j:plain

 アクションベースで支えれば30MMもしっかりクリスマスディスプレイに!季節のディスプレイとしてのカスタマイズ。なかなか面白いですよ?

f:id:hobbywrite:20201221104851j:plain

 下面から。各種ジョイントでのトナロイとソリのつなぎ方に注目。アクションベースとの接点には剛性の高いカスタマイズシーンベースのスタンドフレームを使っています。カスタマイズミッションズでユーザーの皆様からご提示いただいたアイディア。そう、ベースの部品もカスタマイズに使っていけるんですね!

 

f:id:hobbywrite:20201221104523j:plain

 

 雪の街の空をゆく。カスタマイズシーンベース(雪原Ver.)と(情景Ver.)を使ったディスプレイ。シーンベースはこんな情緒にあふれた使い方もできるんです。

 

 

f:id:hobbywrite:20201221104555j:plain

  実はコレ、先日(~2020年12月14日)まで開催されていたカスタマイズミッションズ寒冷地戦に合わせた公式ブログ作例からの手直し作例。

 一つの作品を手直しして都度カスタマイズミッションに参加ているユーザーさんもおられます。手直しをして同じ作品の表現を深めてみたり、別の作品に仕立て直してみたりするのもカスタマイズの醍醐味ですね。

 

 

ポルタノヴァ・サマーサンタスタイル

f:id:hobbywrite:20201221105834j:plain
 南半球オーストラリアでは12月は夏真っただ中。サンタクロースはトナカイの引くそりではなく、サーフィンに乗ってやってくるそうで……

 

f:id:hobbywrite:20201221105900j:plain
 寒い寒い12月。日本の冬ばかりイメージしてしまいがちな中、意外性に突き抜けた波乗りスタイル!

 

f:id:hobbywrite:20201221110010j:plain
 こういう時の水の表現や勢いを表現するにもうってつけなカスタマイズシーンベースにカスタマイズエフェクト。

 今年は特に演出面を意識した商品が多くリリースされましたね。

 

 

エンゼルシエル

f:id:hobbywrite:20201221110040j:plain
 クリスマスオーナメント(飾り)のモチーフとしてポピュラーな天使。

 

f:id:hobbywrite:20201221110218j:plain

 華奢な印象の腕部は祈りのポーズに似合います。

 

f:id:hobbywrite:20201221110247j:plain

 翼にはエグザビークル(エアファイターVer.)を使用。サポートメカ、エグザビークルシリーズの展開も今年から……

 

小天使ロイロイ

f:id:hobbywrite:20201221110358j:plain
 エンゼルシエルが側近?として従えていたミニ天使。

 

f:id:hobbywrite:20201221110420j:plain
 天使の輪はカスタマイズエフェクト(銃撃イメージVer.)から。こちらもカスタマイズミッションズでのユーザーの皆さまの投稿から拝借したアイディア。公式ブログで製作例に取り入れる機会があるのかな…と思っていたら意外なほど早く訪れました。

bandaihobby.hatenablog.com

 

 

ラビオットソックス

f:id:hobbywrite:20201221110859j:plain
 クリスマスといえばプレゼントを入れてもらう靴下。30MMで一番それらしいシルエットになるのはラビオットタイプの脚部。

 

f:id:hobbywrite:20201221110916j:plain
 「エエ?ラビオットタイプ、ソンナアツカイナノ?」ラビオット頭ロイロイ「ラビ夫」も困惑……。

 

 

f:id:hobbywrite:20201221111012j:plain
 落ち込まないでよラビ夫君。靴下を用意してくれた君にはプレゼントがあるんだ。

 「!」

 

f:id:hobbywrite:20201221111041j:plain
 「ヤッター!オプションパーツセットダ!」

 今年発売アイテムの中でもユーザーの皆さまから熱い支持をいただいたのが、オプションパーツセット1オプションパーツセット2

 30MM公式ブログ初期の記事でも特に反響の高かった2アイテム。

 

f:id:hobbywrite:20201221111420j:plain

 「フフ、コノランナーダイスキナンダヨネ!」

ラビ夫くんも大喜びです。

 オプションパーツセット1、2に共通で付属のジョイントランナーは今年特に好評だった存在。これからの展開にも大きく影響を与えたランナーです。2020年30MMパーツ部門MVPといったところでしょうか。

 

まだまだ広がる30MM

f:id:hobbywrite:20201221112040j:plain

 30MMブログクリスマス回。いかがでしたでしょうか。1年間の30MMブログを振り返る年越しの側面も含んでいた特別号外、お楽しみいただけたでしょうか。

 

 それでは皆さん、メリークリスマス!

 

 そしてよいお年を!

 

 

【カスタマイズ最前線】高機動型用オプションアーマー[シエルノヴァ用/ブルー・ブラック]&水転写式デカール汎用1

f:id:hobbywrite:20201209221938j:plain

 2020年最後の30MMシリーズ新製品紹介となる今回は、水転写デカールと高機動型用オプションアーマー。
 30MMシリーズ初となる水転写デカールはユーザーの皆さまからのご要望も高かった製品。そしてオプションアーマーは同一タイプのアーマーでは珍しい2色同時リリース。加えて、既存製品のカラーバリエーションも2製品紹介。
 今回はこの12月発売の5製品を紹介。怒涛のリリースラッシュに備えていきましょう!

 

 

水転写式デカール 汎用1

f:id:hobbywrite:20201209222149j:plain
 30MMシリーズ専用デザインの水転写デカール。これまでキャンペーン配布のシールに収録されるのみだったマーク類に加え、多くの新規デザインを収録。

 

f:id:hobbywrite:20201210185215j:plain

 今回のロゴマーク類は30MMシリーズのラインアップ充実に合わせて各種ラインアップへの対応を意識したより具体的な設定が明確化。

 

 

f:id:bandaihobby2:20201214145549j:plain

 キット付属でおなじみの地球/バイロン軍の軍籍マークに加え、キャンペーンシールに収録されていた各陣営の陸海空宇宙軍の所属表記を収録。エース機マークに各機種形式番号表記、エグザビークルのタイプ別サインを用意。

 他、どの機体にも使える完全な汎用マーキングとして細かいコーション類を収録した構成になっています。

 

 

 

 水転写デカール。文字通り水を使って台紙から対象にマークを「転写」する。これまでの30MMシリーズにはなかったマテリアルですから、今回の製品をきっかけに初めて使ってみようという方も多いことでしょう。

  今回は基本的な使い方を解説しながらその利点や製作例を紹介していきましょう。

 

 

f:id:hobbywrite:20201209223501j:plain

 まず最低限用意するのは水を張った小皿、ティッシュペーパー、つまようじ、綿棒。

 

 

f:id:hobbywrite:20201209223527j:plain

 使用するマークを台紙ごと切り取り小皿に用意した水に浸します。

 

 

 

f:id:hobbywrite:20201209223552j:plain
 満遍なく全体を濡らしたらマーク面を上にして、畳んだティッシュの上に置いて20秒~1分程度放置します。

 

f:id:hobbywrite:20201209223616j:plain
 デカールを台紙ごと拾い上げ、指の腹でマークを軽く擦るように触れて滑ることを確認します。

 

f:id:hobbywrite:20201209223717j:plain
 極小のマークは指の腹では作業しづらいので、つまようじ等でつつくようにして滑ることを確認すると便利です。

 

f:id:hobbywrite:20201209223804j:plain
 そして台紙ごと貼る対象となる面の近くまでもっていき、台紙から任意の位置まで滑らせて転写します。

 

f:id:hobbywrite:20201209223834j:plain
 塗れた状態で滑らせることで位置を調整し、位置が決まったら綿棒で余計な水分を拭うことで定着させます。

 

 

 

f:id:hobbywrite:20201210175500j:plain
 貼り付け完了。シールと比べて極めて薄く、余白も少ない美しい仕上がり。

 

 

f:id:hobbywrite:20201210000024j:plain
 一通り貼りこんだ製作例。アクセントに選んだ赤いマーキングが印象を引き締めます。

 

 

f:id:hobbywrite:20201210000302j:plain

 上部から。頭部のモールドをまたいでも密着するような貼りこみや、レドームの曲面に対して大きめのマークを張ってもフチが浮いたりしないデカールの面目躍如といったところ。

 

 

f:id:hobbywrite:20201209233152j:plain
 何も貼らない状態との比較。同じ約12センチのプラモデルなのに、情報量が上がることでスケール感、つまり「これは巨大なロボットを1/144に縮小した立体物なのだ」という説得力が生まれます。

 

f:id:hobbywrite:20201210175541j:plain
   細かいディティールやこのデカール等で「密度」を加えることで「本当は大きなサイズの実物があってそれを縮尺したものなのだろう」という錯覚を生み出すことができます。

 そんな「まるで本物があるかのような錯覚を生み出す」のがいわゆる「リアルなロボットの模型」を作るという遊びの醍醐味の一つと言えます。

 

 

f:id:hobbywrite:20201209233418j:plain
 シンプルな基本素体に限らず、カスタマイズした場合でもデカールは効果はを発揮します。造形的な要素とは別の視覚効果としてとても有効なカスタマイズといえるでしょう。

 

f:id:hobbywrite:20201210002738j:plain

 地味になりがちな単色迷彩にアクセントを加えるスパイスとして…派手な色遣いの中に清涼感を与えるトッピングとして……

 

 

f:id:hobbywrite:20201210003041j:plain

  ディティールの多い30MMシリーズに貼りやすい小さなコーションマークを多く収録しています。

 

 

f:id:hobbywrite:20201210003512j:plain
 ラインマーキングは長手の武器の印象を引き締めたいときに最適なデザイン。

 

 

f:id:hobbywrite:20201210003531j:plain

 これはちょっと応用例。用途通りに3㎜穴の周辺に貼るだけでなく、薄くて透明な余白が目立たないことを活かしたセンサーアイ部分への貼りこみなども可能です。首元の下地に白デカールを貼ったうえで上からずらして青デカールを貼ることで青い機体に青いマーキングを映えさせている。
 2種以上のデカールを難なく重ね貼りすることで新たなマークを作ったりできるのも極薄のデカールだからこそのテクニックです。

 

 

f:id:hobbywrite:20201210003556j:plain
 デカールワークの小技はまだまだあります。このポルタノヴァにもいろいろ詰まっています。カメラアイへの貼りこみに始まり、胸部のマークは赤い機体にあえて赤いマーキングを選んでみました。マーキングのメリハリの利かせ方に変化をつける考え方です。

 

f:id:hobbywrite:20201210003622j:plain さらに色相の近いフトモモにも赤いマークをチョイス。ローコントラストで攻める一方で反対側のナンバリングはハイコントラスト3ケタ斜め貼り!工夫次第で変化球を楽しめるのもデカールワークの楽しいところです。

 

f:id:hobbywrite:20201210003637j:plain

 肩にはここぞとばかりにチェッカーラインを引く、そしてヘルメットの側面には3色重ね貼りマーク!まさにカレーにおけるスパイス配合のごとく組み合わせ方、重ね方、貼る位置で作品がガラリと変化していくのが面白いです。

 

f:id:hobbywrite:20201210003650j:plain

  エグザビークルにももちろん使えます。整然と並ぶジョイント穴毎に同じマーキングが列を成すように貼ると人型であるEXM以上にストイックなメカとしての魅力が増します。

 

 

f:id:hobbywrite:20201210003707j:plain

 今回のデカールは白黒グレーの3色をメインに収録。グレーは明度の高い色に対しても低い色に対してもコントラストを和らげる仕上がりになり全体のバランスをとる場合にも重宝します。円筒に対して「巻く」ような貼り方のラインマーキングも注目のポイントです。

 

 

f:id:hobbywrite:20201209232527j:plain
 形状のカスタマイズや組み換えカラーコーディネートとも違う、より繊細なグラフィック表現を担う新マテリアル。
 今回はあくまでも商品紹介としてごく基本的な使い方のみを紹介しましたが、プラモデル用のマーキングとして長い歴史を持つ水転写デカールに関するテクニックはたくさん存在するので、専門誌やインターネットの記事を参考に応用を探っていくのもいいですね。

 

 

 

 

 

 

高機動型用オプションアーマー[シエルノヴァ用/ブルー]

f:id:hobbywrite:20201209224710j:plain



高機動型用オプションアーマー[シエルノヴァ用/ブラック]

f:id:hobbywrite:20201209222821j:plain
 シエルノヴァ用としては3つ目となるオプションアーマー。ブルー/ブラックの2色同時リリース。
 「高機動型」と銘打たれたデザインは姿勢制御バーニアの集合した球状プロペラントを思わせるパーツ、それをマウントするためのジョイントを備えた肩アーマー、極めて鋭角的な角錐状のフェイスユニット、胸部アーマーに、シエルノヴァのレドームユニットと互換する配置でデザインされたスタビレーターからなる構成。フェイスアーマーのカメラ部分は製品ではホイルシールが付属します。

 

 

f:id:hobbywrite:20201209233012j:plain
 装着例。文字通り「尖った」デザインのフェイス部に球体型の肩部高機動ユニット。制御バーニアやプロペラントを彷彿とさせる高機動ユニットとして「見知った」記号と地球連合軍側の類型から外れた「バイロン文化」とでもいうべき「見知らぬ」フォルムのフェイスアーマー。そのストレンジさが新たなデザインコードを積み重ねていく……

 

 

 

最後に今月のカラーバリエーション製品もまとめてご紹介。

bEXM-14T シエルノヴァ[ホワイト]

f:id:hobbywrite:20201210185120j:plain

 シエルノヴァに[ホワイト]が登場。デカールの使用例を見てもわかる通りマーキングの映えるホワイトカラー。水転写デカールと同時発売なのでデカールワークのテストモデルとして一緒に揃えてみるのもオススメのカラーです。

 

 

 

エグザビークル(アタックサブマリンVer.)[ブルーグレー]

f:id:hobbywrite:20201209222610j:plain
 こちらは先だって先週リリースとなった(アタックサブマリンVer.)[ブルーグレー]。先月発売されたポルタノヴァ水中仕様[ブルーグレー]とお揃いのカラーバリエーション。暗い色と白の対照的な色の組み合わせでこちらも白黒両パターンのデカールが映えるカラーリング。

 

 

f:id:hobbywrite:20201209222741j:plain

 今月発売の青系×白のツートンが3製品。カラーコーディネート面からも組み合わせやすい商品がそろっています!

 

尖ったカタチと尖ったセンス───

f:id:hobbywrite:20201209224228j:plain

大きな造形だけでも、パーツ単位での色彩だけでもない……

もう一歩踏み込んだこだわりが表現できる!

 

 

カスタマイズミッションズ第6弾“寒冷地戦”

2020年11月13日(金)0時~2020年12月14日(月)23時59分まで開催!

(下記のバーは12月9日時点の戦況(両軍のTwitter総獲得いいね数)を反映しております。)

f:id:hobbywrite:20201210103008p:plain
ミッションもいよいよ大詰め!ミッション詳細はこちら!

https://bandai-hobby.net/site/30minutes_missions/mission.html

 

 

30 MINUTES MISSIONS 水転写式デカール 汎用1

2020年12月12日発売 ¥440(税込み)

 

f:id:hobbywrite:20201210102457j:plain

 

高機動型用オプションアーマー[シエルノヴァ用/ブルー]

2020年12月12日発売 ¥440(税込み)

f:id:hobbywrite:20201210102517j:plain

高機動型用オプションアーマー[シエルノヴァ用/ブラック]

2020年12月12日発売 ¥440(税込み)

f:id:hobbywrite:20201210102539j:plain

30MM 1/144 bEXM-14T シエルノヴァ[ホワイト]

2020年12月12日発売 ¥1518(税込み)

f:id:hobbywrite:20201210102603j:plain

30MM 1/144 エグザビークル(アタックサブマリンVer.)[ブルーグレー]

発売中 ¥858(税込み)

f:id:hobbywrite:20201210102625j:plain


新アイテムとともに、ミッションに参戦!

 

大体わかった。 Figure-rise Standard 仮面ライダーディケイド 発売直前レビュー

仮面ライダーファン、Figure-rise Standardファンの皆様、こんにちは!

2号担当のふくふくです!

 

1年は早いものでもう12月!

年末に向けて何かとバタバタ忙しいこの時期ですが、

1年頑張った自分へのクリスマスプレゼント、

年末年始にコタツで組み立てるキットはもうお決まりでしょうか??

 

まだ決めてないなー、という方!!

平成10周年という節目のライダーを組みながら、

今年を振り返るのはいかがでしょうか??

 

という事で、12月12日に発売が迫る、

Figure-rise Standard 仮面ライダーディケイドの発売直前レビューです!

まずは、パッケージからご紹介。

f:id:hobbywrite:20201130170738j:plain

作中の戦闘シーンをイメージしたエモいイラストで仕上げました!

カードを掲げ、クウガに背中を預けて戦う・・・

今回も胸が熱くなるイラストになっています!

 

続いて商品を具体的にご紹介。

今回はパッケージ用の写真(※塗装済み完成品)を使用してのレビュー。

いつもより美麗な画像でお楽しみください!!

f:id:hobbywrite:20201130174426j:plain

まずは素立ちから。

造形のコダワリはもちろんですが、今回一番苦心したのはこの特徴的な色。

前例のない色だったので、今回はディケイド用に新しい色を作って再現をしました!

ただ、色の雰囲気を画像でお伝えするのが難しい……

という事で、ぜひお手に取ってご覧頂きたいポイントです!

f:id:hobbywrite:20201130174958j:plain

続いてアクションポーズ。

ライドブッカーは銃モード、剣モードで付属。

戦闘前のキメポーズ、銃撃、キック、柔軟な可動でカッコよく決まります!

 

ここからは付属品をご紹介。ディケイドは付属品がとにかく豪華!

かなり遊べる仕様に仕上がっています!!

 

その➀ベルトアダプター

f:id:hobbywrite:20201130180847j:plain

このパーツを使えば他のライダーをディケイドにすることが可能!

既発売の平成1号ライダーはベルトの構造が異なるので、

全て対応するための7種のアダプターを付属させています。

もちろん、今後発売する平成1号ライダーにも対応させていくのでお楽しみに!

 

その➁ライダーカード

f:id:hobbywrite:20201130203809j:plain
プラモデルのサイズに合わせた26種のライダーカードが付属。(PET製)

かなり小さいながら一部の文字は読めるくらい綺麗な仕上がりになっています!

もちろん、ベルトへの挿入も出来ますし、

カード保持用の手首も付属しているので、キメポーズもご覧の通り。

そしてそして、写真の通り、イリュージョンのカードも付属…という事で…

皆さん、予約は1個で大丈夫ですか!?

 

その③ネオディケイドライバー

f:id:hobbywrite:20201130182554j:plain

何と何とネオディケイドライバーまで付けちゃいました!

ドライバーもそれぞれ差し替えで通常時、展開時と付属しますので、

色んなシチュエーションで遊べます!

 

以上、Figure-rise Standard 仮面ライダーディケイドの発売直前レビューでした。

2020年の組み納めにするも良し、

2021年の組み初めにするも良しのディケイドは12月12日発売です!!

 

 

そして最後に2つほどお知らせが。もう少しお付き合いください!

 

1つ目

ディケイドの発売に合わせて12月から順次、

Figure-rise Standard 仮面ライダーシリーズの再販が決定しています!!!

買い逃した商品がある方はこの機会にゲットしちゃってください!

(ディケイドに合わせて2個目の購入もぜひこの機会に…!)

 

2つ目

パッケージにも描かれていた、ディケイドに登場する仮面ライダークウガですが、

ディケイドVer.としてプレミアムバンダイにて商品化が決定!

近日中に続報をお届けできると思います!要チェック!

f:id:hobbywrite:20201130192609j:plain

 

今年は『HEISEI RIDER PROJECT』を発表でき、

Figure-rise Standard 仮面ライダーシリーズとして大きな変革の年となりました。

これも皆様の応援があってのものと深く感謝しております。

本当にありがとうございます!

来年も良い商品をお届け出来るよう頑張りますので引き続きよろしくお願い致します!

では、少し早いですが良いお年を!

 

▼Figure-rise Standard 仮面ライダーディケイド 商品ぺ―ジ▼

https://bandai-hobby.net/item/4257/

▼Figure-rise Standard 仮面ライダーシリーズ 特設ページ▼

https://bandai-hobby.net/site/kamen_rider/

 

(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映 (C)石森プロ・東映