ホビー事業部の開発ブログ

プラモデルと日夜格闘する、BANDAI SPIRITS ホビー事業部の開発スタッフによる公式ブログです。

※このページでは、記載内容・商品等に関するお問い合わせは受け付けておりません。ご了承ください。

「仮面ライダーW ルナトリガー」発売直前サンプルレビュー!!

みなさんこんにちは!開発担当のとまとまです!

 

先日発売した『仮面ライダーW 』2アイテムが皆様のおかげで絶好調でございます!

ご購入いただいた方、これからご購入をご検討されている方ありがとうございます!!

商品アンケートの方もご協力よろしくお願いしますね♪

それではノリノリで今週末 9月7日(土)に発売するルナトリガーのサンプルレビュー進めていきたいと思います。

まずは超絶カッコイイ、パッケージイラストから!

f:id:hobbywrite:20190829114937j:plain

 

水も滴るいいルナトリガーですね!

是非、サイクロンジョーカー、ヒートメタルと一緒に集めていただき、

パッケージも並べて飾ってください!

それでは早速中身の紹介。

 

f:id:hobbywrite:20190829115055j:plain

ルナトリガーには専用武器「トリガーマグナム」が付属しております!

 

それでは素組でどんどん組み立てていきましょう!

サイクロンジョーカー、ヒートメタルを組んでいただいたお客様は、

そろそろ直感的に組めるようになってきているころではないでしょうか。

そんなこんなで、

はい完成!

f:id:hobbywrite:20190829115446j:plain  f:id:hobbywrite:20190829115451j:plain

こちらのアイテムもいい感じに仕上がりました!

そして今回の目玉の「トリガーマグナム」、ガイアメモリを入れて、

マキシマムモードも再現出来ちゃうこだわりの構造となっております!

f:id:hobbywrite:20190829115732j:plain f:id:hobbywrite:20190829115817j:plain

 

最後にフォームチェンジもやってみましょう!

個人的に好きなサイクロントリガーを静岡のバンダイホビーセンターよりお届け!!

f:id:hobbywrite:20190829120115j:plain

途中いい感じの風に襲われてポージング大変でしたが、かっこよく写真撮れました!

是非みなさまもガシガシ遊び倒してください!

以上、やや駆け足気味でしたが、ルナトリガーのサンプルレビューでした!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・

で?次の商品は??

という声が聞こえてきた気がします。

 

安心してください!とまとま、やる気に満ち溢れています!

9/28(土)、29(日)に開催される「全日本模型ホビーショー」で

続報をお伝えできるように、現在必死で準備を進めていますので、

間に合うように声援よろしくお願いします!!

無事展示できた暁には、こちらのブログで後日記事書きますので、そちらもチェックよろしくお願いいたします!

 

今度こそ以上です!次回記事お楽しみに~~

 

【Figure-rise Standard 仮面ライダーW サイクロンジョーカー】

https://bandai-hobby.net/item/3308/

【Figure-rise Standard 仮面ライダーW ヒートメタル】

https://bandai-hobby.net/item/3307/

【Figure-rise Standard 仮面ライダーW ルナトリガー】

https://bandai-hobby.net/item/3337/

©石森プロ・東映

【Figure-riseLABO】初音ミクV4X ~グラデーションによる色彩の表現~

みなさま、こんにちは。

 

昨年から何度か研究成果が展示されておりました

Figure-riseLABO第2弾

「グラデーションによる色彩の表現」

 

C3AFA TOKYOにて

ついにその全貌が明かされました!

 f:id:hobbywrite:20190826100419j:plain 

 

プラモデルの成形色のみで再現された

美しいグラデーションの髪をなびかせ

LABOの舞台に立ったのは

電子の歌姫 初音ミクV4Xです!

 f:id:hobbywrite:20190826095132p:plain

  

Figure-riseLABO第1弾では肌の表現の研究が行われ、

赤みがかった肌を成形色のみで再現することに成功しました。

そして今回第2弾では

「グラデーションによる色彩の表現」として

初音ミクV4Xのその麗しく長い髪を

グラデーションで再現することに挑戦しました。

  f:id:hobbywrite:20190826095140p:plain

 

肌の再現では局所的なグラデーションによる

赤みの表現を行いましたが、

今回は第一弾の研究で培われたレイヤードインジェクションの技術をさらに発展させ、特徴的な長いツインテールで大きな面積でのグラデーション表現を行っています。 

f:id:hobbywrite:20190826095135p:plain

 

もちろん、

第一弾で研究された技術も受け継がれています。

チークはレイヤードインジェクションにより再現しており、

ほんのりと赤みを帯びた頬がミクのかわいらしさを際立たせます。

瞳は明度の異なる下地の上にクリアブルーを重ねることでグラデーションを生み出し、

クリアカラーの煌きがバーチャルの世界を感じさせます。

f:id:hobbywrite:20190826095104p:plain 

 

さらに今回は偏光パール素材を腕と脚に使用し、

鮮やかに色を返すことで生地の透け感の表現にも挑戦しています。

 f:id:hobbywrite:20190826095109p:plain

 

凄いのは技術だけではありません。

Figure-riseシリーズで常に進化を続けてきた人物の造形は

衣服の皺や指先まで魂を宿し、

それがプラモデルであることを忘れさせます。

 f:id:hobbywrite:20190826095117p:plain

 

でも、もちろんプラモデルです。

ボリュームのあるキットですが、

意外とパーツ数は少なく、サクッと組み立てることが出来ます。

f:id:hobbywrite:20190826095121p:plain

 

特徴的な肩のマークや腕のデザインは

ドライデカールとマーキングシールで再現できるようになっています。 

f:id:hobbywrite:20190822121205j:plain

f:id:hobbywrite:20190826095127p:plain

 

BANDAI SPIRITSの最新技術が注ぎ込まれた

FIgure-riseLABO 初音ミクV4X

ぜひあなたの手で組み立てて歌姫をステージへ ――――

 

 f:id:hobbywrite:20190826095112p:plain

Figure-riseLABO 初音ミクV4X 2019年12月 税抜6,000円 発売予定

 近日受注開始です!

 

 

※画像は開発中の試作品です。

※ホビーサイトではご予約を受け付けておりません。

※一部店舗では商品のお取り扱い、事前ご予約お取り扱いがない場合がございます。
 詳しくはお近くの店舗にお問合せください。

 

『さぁ、お前の積みプラを数えろ!』仮面ライダーW 発売直前レビュー

みなさんこんにちは!開発担当のとまとまです!

お盆も明けて、いよいよ今週末土曜日は『仮面ライダーW サイクロンジョーカー/ヒートメタル』の2商品の発売日ですね!!

 

発売日まで待ちきれない!!

という皆様のために一足早くサンプルレビューをしちゃいます。

まずはサイクロンジョーカー!

箱を開けるとこんな感じ!!

f:id:hobbywrite:20190802221544j:plain

ジョーカーエクストリーム用のパーツが存在感を放ってますね!!

続いては、ヒートメタルです。

ジャン!!

f:id:hobbywrite:20190802221702j:plain

 

「実に興味深い、ゾクゾクするねぇ」

・・・すみません、言ってみたかっただけです。

それでは、早速素組みしていきましょう!

その前に開発中に数多のテストショットを組み上げて見つけた、組み立て効率が150%になる(気がする)並べ方を伝授します!

 

f:id:hobbywrite:20190802222131j:plain

 

はい!誰でも思いつくだろ・・・みたいなツッコミは無しでお願いします!

見ての通り、今回左右パーツと真ん中で綺麗にランナーが分かれておりますので、

図のように並べていただくと、かなり直感的にパーツを探せるようになって効率がいいですよ!

それでは組み立てたものを見ていきましょう!

まずはサイクロンジョーカーから

f:id:hobbywrite:20190802222426j:plain  f:id:hobbywrite:20190802222436j:plain

 

そしてお待ちかねの・・・ジョーカーエクストリーム!

f:id:hobbywrite:20190802222659j:plain

遊びごたえ抜群ですね!!つい何回も遊んじゃいます。

続けてヒートメタルです!!

f:id:hobbywrite:20190802222926j:plain  f:id:hobbywrite:20190802222949j:plain

そして、組み換えギミックもやってみましょう!!

f:id:hobbywrite:20190802223200j:plain

こんな感じで、半身ずつ組み替えていきます!!

ヒートジョーカーが来るとみせかけての・・・

f:id:hobbywrite:20190802223437j:plain

サイクロン!!メタル!!! (いつもの効果音)♪♪

いやぁ最高級に楽しいですね!!

 

『サイクロンジョーカー』と『ヒートメタル』をご購入いただけば、4種類のフォームが楽しめちゃいますので、是非一緒にレジまでお願いいたします!

 

最後に、『Figure-rise Standard 仮面ライダー』よりプラモデル始めたよ!という方に向けての、5分でできる仮面ライダーWワンポイント超簡単改造アドバイスです!

 

まずはお手元にあるボールペンを取り出してください。

そして、おもむろに真ん中の溝に線を入れていきます。

はみ出したらティッシュか綿棒で拭けばOKです!

f:id:hobbywrite:20190802224036j:plain f:id:hobbywrite:20190802224721j:plain

これだけで、大分引き締まってきますね!

専用のツールを持ってなくても、やってみれば案外なんとかなるので、細かいことは気にせずに、まずやってみると楽しいですよ!

 

 

もちろん、どっぷりプラモ作りの魅力にハマったら、書籍やネットなどで研究してガッツリ作りこんでいただけると嬉しいです!!

 

最後にサイクロンジョーカーの(自称)インスタ映えする写真を一枚ペタリ!

f:id:hobbywrite:20190802225109j:plain

風都タワーが近くになかったので、東京タワーにしておきました!!

今週末2019年8月24日(土)より『仮面ライダーW サイクロンジョーカー』、『仮面ライダーW ヒートメタル』発売ですので、ご購入よろしくお願いいたします!!

 

ちなみに全9フォームを横に並べようとすると、各3箱ずつ必要になります。

各3箱ずつですよ!!

『さぁ、お前の積みプラを数えろ!!』

はい。言ってみたかっただけシリーズ2弾になります。満足!

 

以上、発売前サンプルレビューです。

ご購入いただいたら、商品ページにてアンケートへのご協力よろしくお願いしますね。

それではまた次回お会いしましょう!!

 

【Figure-rise Standard 仮面ライダーW サイクロンジョーカー】

https://bandai-hobby.net/item/3308/

【Figure-rise Standard 仮面ライダーW ヒートメタル】

https://bandai-hobby.net/item/3307/

【Figure-rise Standard 仮面ライダーW ルナトリガー】

https://bandai-hobby.net/item/3337/

 ©石森プロ・東映

 

仮面ライダーWの成型素材へのこだわりが凄いお話

みなさま こんにちは!開発担当のとまとまです。

いよいよ今月は『Figure-rise Standard 仮面ライダーW サイクロンジョーカー』そして、『Figure-rise Standard 仮面ライダーW ヒートメタル』の発売月です!

遂に発売日が公開されておりまして、2019年8月24日(土)発売となりました!!

ご予約忘れてた!という方は、そろそろいい時期ですので、予約お願いしますね♪

さて、今回はタイトルのとおり、仮面ライダーWの成型素材に凄くこだわりがあるので、

そのあたりのお話をしたいと思います。

・・・が、その前に一つお見せしたいものが

ジャン!

 

f:id:hobbywrite:20190725103516j:plain

 

 

ジャンジャン!

 

f:id:hobbywrite:20190725103531j:plain

 

 

 

圧倒的にかっこいいパッケージアートが上がってきました!!

メタリックなボディに照り返される月明かりや炎の表現が絵全体に質感とリアリティを与えています。これは箱買い間違いなしですね!予約がまだの方は(省略

 

気を取り直して、今回の本題の成型素材のお話です。

まず前回のおさらいなのですが、『Figure-rise Standard 仮面ライダーW 』の2大ポイントは

①ジョーカーエクストリームが出来ちゃう!!

f:id:hobbywrite:20190724151001j:plain

※画像は開発中の設計データを使用したCGです。

 

②仮面ライダー9形態を組み換えで再現可能!

f:id:hobbywrite:20190724151057j:plain f:id:hobbywrite:20190724151100j:plain f:id:hobbywrite:20190724151103j:plain

          ※画像は開発中の設計データを使用したCGです。

 

という特徴を持っているのですが、これらを実現するためには、

何度も組み換えができる高い強度と柔軟性をもつ素材が必要となります。

ここまでですと、プラモに詳しい方は仮面ライダーシリーズでも使われているKPSでいいじゃんと思いつくのかなと思うのですが、実はこの素材、ツヤ感を出すのが非常に難しいのです。

Wの特徴として、『左半身はマット、右半身はツヤ感のあるメタリック』

というものがあるので、なんとか再現したい・・・・

 

やってやるぜ!という強い意志のもとバンダイホビーセンターの総力を結集し、

新素材による新成型色に挑戦をいたしました!

 

ツヤ感のあるメタリックかつ組み換え可能な柔軟性をあわせ持つ、

仮面ライダーWのために採用された新たなる素材のテストショットはこちらになります! 

f:id:hobbywrite:20190724211451j:plain

左新素材/右従来素材

断然、いい発色が出ております。光の照り返し方が違いますね!

ここまでたどり着くのに長かった・・・・・

各アイテムの左右並べてみると、

 

f:id:hobbywrite:20190724211615j:plain

サイクロンジョーカーテストショット

 

f:id:hobbywrite:20190724211638j:plain

ヒートメタルテストショット

 

こんな感じです!

バッチリ仕上がっております!!

以上、今回の成型素材のお話でした!!

次回は発売直前サンプルレビューの予定ですのでお楽しみに!!

 

そして、最後に開発のとまとまから、皆様にお願いです。

『Figure-rise Standard 仮面ライダーシリーズ』をご購入されましたらアンケートのご協力をお願いいたします!発売日が近づいてきますと、バンダイホビーサイトの各商品ページにアンケートのボタンが追加されますので、そこからご回答ができます。

 

とまとま分析マニアなので、実はかなり見てます!

商品開発の参考に凄くしておりますので、是非ご回答をお願いいたします!

それではまた次回開発ブログであいましょう!

 

 

【Figure-rise Standard 仮面ライダーW サイクロンジョーカー】

https://bandai-hobby.net/item/3308/

【Figure-rise Standard 仮面ライダーW ヒートメタル】

https://bandai-hobby.net/item/3307/

【Figure-rise Standard 仮面ライダーW ルナトリガー】

https://bandai-hobby.net/item/3337/

 

©石森プロ・東映

 

7月 27 日発売 !! ポルタノヴァ サンプルレビュー!

こんにちは! 30 MINUTES MISSIONSの企画担当のSです!

 

30 MINUTES MISSIONSですが、皆様、楽しんで頂けているでしょうか? 

 

さて、本題に入る前によく皆様から頂いている、ある質問にお答えしたいと思います。

 

30 MINITESの略称 30MM”って、どう読めばいいの?」

こちらは“サーティー・エム・エム”と読んで頂けるとよいです。

 

では、ここから本題です!

今月はアルトに続く量産機「ポルタノヴァ」がリリースされます。

ということで、サンプルを紹介したいと思います。

 

7月27日発売のポルタですが、カラーバリエーションは[グリーン][ダークグレー][レッド]の3色になります。ランナーはこちら!

f:id:bandaihobby2:20190724141343j:plain

f:id:bandaihobby2:20190724141416j:plain

[グリーン]メインの成型色はグリーン、支援メカや腹部などはダークグリーン、カメラアイはクリアライトグリーンです。量産機と言えば、やっぱりグリーンですよ!

 

 

f:id:bandaihobby2:20190724141503j:plain

[ダークグレー] メインの成型色はダークグレー、支援メカや腹部などはブラック、カメラアイはクリアブルーです。暗色の落ち着いたカラーがかっこいいです。特殊部隊仕様っぽいです。

 

 

 

f:id:bandaihobby2:20190724141553j:plain

[レッド] メインの成型色はレッド、支援メカや腹部などはブラウン、カメラアイはクリアピンクです。各カラーを組み替える際、ワンポイントのカラーコーディネートにも最適ですね!

 

f:id:bandaihobby2:20190829121511j:plain



3体並べるだけでも、なんだか絵になります。ロイロイのバリエーションもおすすめです。

 

 

そして、7月発売のポルタノヴァ、6月発売のアルトで、2機の量産機がそろうことになります。どちらもメカデザインは海老川兼武氏が担当。平面を活かした装甲のアルトと、曲面的なポルタは、見た目の違い以上に、実は拡張性も異なっています。

 

f:id:bandaihobby2:20190829121553j:plain



 

 

30 MINUTES MISSIONSの拡張性を支えるのは、同サイズのハードポイント(3㎜軸、穴)にあります。単純に言ってしまうとハードポイントの多さが拡張性へと繋がるのです。では、ポルタとアルトで、ハードポイントを比較してみましょう!

 

f:id:bandaihobby2:20190829121626j:plain



まずは胸とバックパック、そして腰になります。どちらも胸は2つ、しかしバックパックはポルタ×4、アルト×2になります。

 

f:id:bandaihobby2:20190724141843j:plain

次に腰パーツ。ポルタは前後ろに×4、アルトは後ろに×1になります。

 

 

f:id:bandaihobby2:20190829121658j:plain

 

f:id:bandaihobby2:20190829121914j:plain

 

続いて手足をチェックしていきましょう。ポルタは肘、膝にそれぞれ×1の合計2、アルトは腕の両サイドで×2、脚の両サイドで×2の合計×4。

 

f:id:bandaihobby2:20190724142009j:plain

そして、肩部分はどちらも片方×1、両サイドで×2になります。ただし、ハードポイントの配置場所が異なります。ポルタは横、アルトは天面なので、オプションの装着場所が変化します。

 

 

f:id:bandaihobby2:20190724142042j:plain

総合ではポルタ×16アルト×15のハードポイントがあります! それぞれ違った場所にハードポイントでさらに拡張性を向上できます。

なぜ、そんなことができるのか?

それは共通関節だからです!

 

そして、アルトとポルタの組み換えで、こんなバリエーションも。ポルタの胴体と膝、アルトの四肢で、合計22のハードポイントに!!

f:id:bandaihobby2:20190829121936j:plain



超お手軽にカスタムできる30 MINUTES MISSIONS

ぜひ皆さんも色々試してみてくださいね。プラモって本当に楽しい!!

 

 30 MINUTES MISSIONSの詳しい情報はこちら!
https://bandai-hobby.net/site/30minutes_missions/index.html