ホビー事業部の開発ブログ

プラモデルと日夜格闘する、BANDAI SPIRITS ホビー事業部の開発スタッフによる公式ブログです。

※このページでは、記載内容・商品等に関するお問い合わせは受け付けておりません。ご了承ください。

MG 1/100 シナンジュ・スタイン(ナラティブVer.)最新情報!

 

f:id:bandaihobby2:20181109221754j:plain
f:id:bandaihobby2:20181108232413j:plain

 

劇場作品「機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)」11/30全国ロードショー開始 まであと3週間!

待ちきれない貴方に、最新ガンプラ情報をお届けです。

ご紹介するのは「MGシナンジュ・スタイン(ナラティブVer.)」 パイロットは、強化人間の“ゾルタン・アッカネン”(大人気声優の梅原裕一郎氏)赤い彗星の再来、としてフル・フロンタル張りの活躍が期待されます。

 

f:id:bandaihobby2:20181108233638j:plain
f:id:bandaihobby2:20181108233626j:plain
f:id:bandaihobby2:20181108233643j:plain
f:id:bandaihobby2:20181108233653j:plain

今回は最新のテストショットを使いUC版とNT版のシナンジュ・スタインの違いに焦点を当てながらMG 1/100 シナンジュ・スタイン(ナラティブVer.)の仕様を紹介します。

ナラティブ版では「シナンジュ」を思い起こさせるエングーレビングが追加されました。更に外形のラインもジオンらしい曲面になっているのも並べてみると良く分かります。キットでは白いラインをホイルシールと水転写デカールの2種のシールから選んで再現する仕様になっています。 背面のプロペラントタンクも長くなっており当然それも再現しています。

f:id:bandaihobby2:20181108233853j:plain
f:id:bandaihobby2:20181108233847j:plain
f:id:bandaihobby2:20181108233840j:plain
f:id:bandaihobby2:20181108233857j:plain
f:id:bandaihobby2:20181108233844j:plain

 

次は胴体の紹介ですがこれはHGを組んだ方も気づいた方は少ないのではないでしょうか。 NT版のスタインは胴体側面のディテールが変更されています。 こういった箇所に至るまで再現しています。

 

f:id:bandaihobby2:20181108234015j:plain       f:id:bandaihobby2:20181108234012j:plain

 

 NT版のビームライフルは形こそ似ていますが「シナンジュビームライフルにカバーを被せた」という全く別物になっています。シールドに関してもグレネード・ランチャーが装備できるようになっており、さらに形状も、よりシナンジュが装備していたものに近くなっています。武器の形状や機能にも設定を感じとることができる様々な仕掛けが散りばめられプレイバリューが格段に上がっています。

 

f:id:bandaihobby2:20181109001425j:plain

さらに、重量が増したハイ・ビーム・ライフルをしっかりと保持できるようにエモーショナルマニュピレーターに加え、固定式の右手首が付属。より多彩なポージングを取れるよう配慮しました。

f:id:bandaihobby2:20181109000205j:plain
f:id:bandaihobby2:20181109000208j:plain
f:id:bandaihobby2:20181109000211j:plain

 

いかがでしたでしょうか。

 

色が違う、などパッと見て判別できる違いだけでなく、機体背景を考慮したデザイン変更が随所に行われているのを感じて頂けたでしょうか。

MG 1/100 シナンジュ・スタイン(ナラティブVer.)は1月発売です。

皆さんもぜひUC版とNT版のスタインのキットを並べてみて違いを感じてみてください!

 

bandai-hobby.net

gundam-nt.net

メカコレクション アンドロメダ級セット いよいよ発売!

開発ブログをご覧の皆様

 

こんにちは

 

本日より

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第6章「回生篇」が

いよいよ劇場上映開始となります!

 

そして明日11/3(土)より

メカコレクション 地球連邦アンドロメダ級セットが発売となります!

 

既に発売しているメカコレクション アンドロメダ

マーキングシールが付属していましたが

今回のセットでは一番艦~五番艦までの水転写デカールが付属致します!

よりリアルな再現度で仕上がります。 

 

f:id:bandaihobby2:20181024162921j:plain

そして台座をクリアの成形色に変更。

それに加え5艦並べてディスプレイできるコレクションステージも付属致します!

なんとこのコレクションステージは

宇宙空間をイメージしたラメ入りの成形色となっております!

 

↓ 詳細はこちらをご覧ください。

bandai-hobby.net

 

 

そして2202関連商品が続々と予約開始致しました!

 

"メカコレクション 一式空間戦闘攻撃機コスモタイガーⅡ(単座型)"

 劇中イメージのパースの付いたフォルムを再現してます。

 

f:id:bandaihobby2:20181026133848j:plain

  

"メカコレクション 地球連邦主力戦艦ドレッドノート級セット①/②"

 ついにメカコレで主力戦艦ドレッドノート級が登場!

 2隻セットでの発売です。

 

セット①はD-classと地球防衛戦線仕様のセット

f:id:bandaihobby2:20181026134101j:plain

 

セット②は山南フリートと火星防衛戦線仕様のセットとなります。
f:id:bandaihobby2:20181026134118j:plain


"1/1000 地球連邦主力戦艦ドレッドノート級火星絶対防衛線セット "

f:id:bandaihobby2:20181026131033j:plain
火星防衛戦線仕様と地球防衛戦線仕様の2隻セットで登場です。

劇中での活躍もお楽しみに!!

 

発売まで乞うご期待ください!

 

© 西﨑義展/宇宙戦艦ヤマト2202製作委員会 

Figure-rise Standard ULTRAMAN シリーズ 新情報!

ホビー事業部 開発ブログをご覧の皆様

 

こんにちは

今回のブログはいよいよ今月発売を迎える

Figure-rise Standard 1/12 ULTRAMAN [B TYPE]

新情報をお伝えしたいと思います!

 

まずはパッケージイラストを公開です!

なんとFigure-rise Standard 1/12 ULTRAMAN [B TYPE]のパッケージは

超豪華 清水栄一先生×下口智裕先生の描きおろしパッケージとなります!

 

躍動感のあるULTRAMANを描きおろして頂きました。

 

f:id:bandaihobby2:20181025102744j:plain

 

そして、そして初回生産版には限定ポスターが付属します!

 ポスターイラストはパッケージイラストの全身版となります。

 f:id:bandaihobby2:20181025101043j:plain

 

パッケージに貼ってあるこのシールが目印となります!

f:id:bandaihobby2:20181026130454j:plain

是非発売まで乞うご期待ください!!

 

 

続いて"セブンスーツ"の情報です。

 

2019年1月発売 ULTRAMAN SUIT Ver7.5の予約が始まりました。

 f:id:bandaihobby2:20181025101024p:plain

SPACIUM SWORDはもちろんのこと

"セブンスーツ"にも清水先生描きおろしのBANDAI SPIRITS ホビー事業部

オリジナル武器が付属いたします!

その名も EYE SLUGGER

 

 f:id:bandaihobby2:20181025101027p:plain

両手で持たせることができジョイントパーツにより

2つのEYE SLUGGERをつなげることができます。

 f:id:bandaihobby2:20181025101029p:plain

 

 

月刊ヒーローズ誌面にて

BANDAI SPIRITS ×HERO’Sの『ULTRAMAN プラモデルプロジェクト』の連載も

始まっておりますので是非ご覧ください!

http://heros-ultraman.com/

  

前回のブログ記事はこちら

http://bandaihobby.hatenablog.com/entry/2018/07/31/200000

 

Figure-rise Standard 1/12 ULTRAMAN [B TYPE]

↓商品詳細はこちらからどうぞ

https://bandai-hobby.net/item/2921/

 

🄫円谷プロ 🄫Eiichi Shimizu,Tomohiro Shimoguchi

🄫HERO'S INC.

~Bウイングって2種類あったんです。~「1/72 Bウイング・スターファイター [リミテッドエディション]」発売!Bウイングの深淵に迫る! 第二回

開発者ブログをご覧の皆さま、

 

 

こんにちは!

 

開発担当を務めさせていただいているチャドさわです。

 

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』撮影当時は、「Bウイング・スターファイター」の撮影用モデルは2機製作されており、そのうちの1機を現在好評発売中の「1/72 Bウイング・スターファイター」で再現させていただいておりました。

f:id:hobbywrite:20181029144954j:plain

↑現在好評発売中の「1/72 Bウイング・スターファイター」。赤丸の形のマーキングが特徴。

 

一方、プレミアムバンダイでご予約受付開始の「1/72 Bウイング・スターファイター [リミテッドエディション]」ではグレーのカラーリングが特徴的な“もう一つ”の撮影モデルを再現するために、成形色・マーキングを変更、そして新規造形を加えた仕様で商品化いたしました。さらに追加仕様として黄色い発光の「LEDユニット」も付属し、リアエンジンの発光を楽しめるようになっております。

f:id:hobbywrite:20181029145259j:plain

プレミアムバンダイから発売となる「1/72 Bウイング・スターファイター [リミテッドエディション]」。グレーのカラーリングが特徴的な機体になっている。

 

詳細な仕様については下記の商品紹介ページをご覧いただければと思います!

p-bandai.jp

 

また今回も!前回に引き続き撮影用モデル研究家 鷲見氏の解説を掲載させていただきます。今回は「Bウイング・スターファイター」の解析データを中心にして商品の各部位のこだわりをご紹介させていただきます!

 

 

それではどうぞ!

 

 

 ――――――――――――――――――――――――――――――

 

これまでたびたび交わされてきた「Bいいね!」の決まり文句。

かく言う私が仲間と集まっては「Bいいね!」を繰り返してきたが、「Bウイング・スターファイター」の真の美しさや深さを知らずに来ました。「Bいいね!」は「今日もマニアで元気!」という挨拶ではなかったろうか。お恥ずかしい。

「Bウイング・スターファイター」はスター・ウォーズならではの呑み込みにくい全体像を持ち、左右非対称の佇まいなどに魅力を感じてきたが、機体解析をして初めて、機体の薄さやシャープさ、戦闘機ならではの翼の絶妙な局面ラインなどに気づき、さらにキットを手にした際の「オオ!まるでブレードだ。切れ味するどい!」というゾクゾク感は初体験だった。

 

今キットもこれまでの製品同様に、その美しい全体像と細部ディテールを余すことなく再現している。

f:id:hobbywrite:20181029151723j:plain

上画像は、正面資料写真(学研 スター・ウォーズ・クロニクル エピソード4,5,6/ビークル編掲載)と同じアングルとパースにそろえたもの。写真では見逃しがちだが、主翼の薄さに驚かされる。

いきなり脱線するが、「Bウイング・スターファイター」はこの機体の薄さが仇となり、出番が大幅に減らされたという。ブルースクリーンでの特撮撮影時、機体がカメラから離れていくと薄い翼が消えてしまいがちだったそうだ。

 

続いても同じく上面からの資料写真(同書掲載)と同アングルで画像化したもの。

f:id:hobbywrite:20181029151902j:plain

クロニクルを片手に照らし合わせて眺めると、全体プロポーションからスジボリなどまで正確にトレースされているのが分かる。

 

f:id:hobbywrite:20181029152558j:plain

また、コクピットは一見、砲弾のような楕円断面の回転形状に見えるが、正面から見た際、上下方向に僅かながら伸びた形状となっている。この上下への微妙な伸びがコクピットらしさを引き立てているのだ。もちろん、撮影用モデルの形状がこうした絶妙な形状であり、キットはその姿を写している。

 

さらに流用パーツによるディテール再現だが、今回もほぼフル解析の状態で、撮影用モデルの魅力を余すことなく再現した。

特に注目して頂きたいのが、コクピット内インテリア。

レバーのようなパーツなど、ディテールが立体的に構成されており、非常に魅力的なディテールとなっている。いかにもコクピットというディテールなのだが、多くの部品が艦船部品なのが面白い。

f:id:hobbywrite:20181029152623j:plain

こちらも同書と照らし合わせて見て頂けると、細部にまで意識を張り巡らしあらゆるディテールが再現されたのが分かる。

 

この他では、エンジンや可動翼の付けに多くの流用パーツを配しており、可動翼の開閉や制御機能を感じることができる。

f:id:hobbywrite:20181029152639j:plain

 

以下に代表的な流用パーツをまとめてみた。

f:id:hobbywrite:20181029152657j:plain

 

ぜひ、キットを手にして見比べてください。流用パーツの宝さがしです。

ディテールの再現性の高さを改めて感じて頂けるとともに、撮影用モデルの魅力も感じて頂けるでしょう。

 

(文:撮影用モデル研究家 鷲見氏)

 ――――――――――――――――――――――――――――――

 

ご堪能いただけましたでしょうか?

 

奥深い「Bウイング・スターファイター」の世界!ぜひ手に取って楽しんでいただければと考えております。

 

――――――――――――――――――――――――――――――

 

プレミアムバンダイ

「1/72 Bウイング・スターファイター [リミテッドエディション]」

 

販売価格 5,724円(税8%込)

 

【付属品】

ディスプレイベース×1

レーザーエフェクトパーツ×1

キャノピー×2(クリアパーツ・フレームパーツ)

マーキングシール×1

水転写デカール×1

LEDユニット×1

                  

                             

・現在好評発売中

「1/72 Bウイング・スターファイター

 

販売価格 ¥4,860(税8%込)

 

【付属品】 

ディスプレイベース×1

レーザーエフェクトパーツ×1

キャノピー×2(クリアパーツ・フレームパーツ)

マーキングシール×1

水転写デカール×1

 

 

 

※こちらに記載の情報は2018年10月現在のものです。

※画像は試作品になります。

※商品は記載の内容と多少異なる場合があります。

 

~Bウイングって2種類あったんです。~「1/72 Bウイング・スターファイター [リミテッドエディション]」発売!Bウイングの深淵に迫る! 第一回

開発者ブログをご覧の皆さま、

 

 

こんにちは!

 

開発担当を務めさせていただいているチャドさわです。

 

 

5月の静岡ホビーショーにご来場いただいた方で、「Bウイング・スターファイター[グレーカラーVer.](仮称)」で参考出品されていたことを覚えている方はいますでしょうか?

 

f:id:hobbywrite:20181029143958j:plain
↑画像の一番右の機体が、「Bウイング・スターファイター [グレーカラーVer.](仮称)」の参考出品。

 

 

。。。。 !

 

現在発売させていただいております、「1/72 Bウイング・スターファイターをご購入された方は違和感を感じられるかもしれません。

 

参考出品で出させていただいておりました参考品の「Bウイング・スターファイター」、実は翼に付いているはずの赤丸の形のマーキングが付いていないんです!

 

実はこの参考出品、今回プレミアムバンダイの新商品で発売される「1/72 Bウイング・スターファイター [リミテッドエディション]」の仕様と同じものだったのです!

 

 

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』撮影当時は、「Bウイング・スターファイター」の撮影用モデルは2機製作されており、そのうちの1機を現在好評発売中の「1/72 Bウイング・スターファイター」で再現させていただいておりました。

f:id:hobbywrite:20181029144954j:plain

↑現在好評発売中の「1/72 Bウイング・スターファイター」。翼の赤丸マーキングが特徴。

 

一方、プレミアムバンダイでご予約受付開始の「1/72 Bウイング・スターファイター [リミテッドエディション]」ではグレーのカラーリングが特徴的な“もう一つ”の撮影モデルを再現するために、成形色・マーキングを変更、そして新規造形を加えた仕様で商品化いたしました。さらに追加仕様として黄色い発光の「LEDユニット」も付属し、リアエンジンの発光を楽しめるようになっております。

f:id:hobbywrite:20181029145259j:plain
プレミアムバンダイから発売となる「1/72 Bウイング・スターファイター [リミテッドエディション]」。グレーのカラーリングが特徴的な機体になっている。

 

詳細な仕様については下記の商品紹介ページをご覧いただければと思います!

p-bandai.jp

 

 

また今回は!2回に分けまして『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』に登場した「Bウイング・スターファイター」の魅力や撮影用モデルの詳細な違いを、撮影用モデル研究家 鷲見氏の解説にてご紹介させていただきます!

 

劇中の登場時間は少なくとも強烈な印象を残したBウイングは一体どういった背景を持っていたのかを知る事ができる、非常に好奇心をくすぐられる内容になっております。

 

それではどうぞ!

 

――――――――――――――――――――――――――――――

 

「Bウイング・スターファイター」は、初期3部作の完結編となった『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』に新アイテムとして登場した。離陸する際は、細長い横一文字で飛び立ち(その時、コクピットは機体端に位置)、さらに戦闘時には翼を広げて十字の形になりながら機体を90度回転させ縦十字に起き上がる、という何とも独特の機体だった。当初、多くのファンは戸惑いながらも、徐々に心を鷲掴みにされていった。

今では、これぞスター・ウォーズ!といったデザインとして受け入れられ、ファンモデラーが集まると「Bいいね!」が決まって聞かれるセリフとなった。

f:id:hobbywrite:20181029145615j:plain

同機は独自のジャイロスコープ制御システムを採用しており、コクピットは回転して機体の角度に関係なく、常に水平になるように設計されている。このアイデアはミレニアム・ファルコンで採用されるはずだったが、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』製作時にボツになりBウィング・ファイターで結実した。

 

「Bウイング・スターファイター」の撮影用モデルは2機製作され、それぞれ劇中で登場する。2機の明確な違いは可動翼や主翼など各所にある赤丸マーキングの有無。

赤丸マーキングバージョンは宣伝写真用に撮影され、ポスターや書籍などに幅広く利用されてきた。有名な「スター・デストロイヤー」を撃沈させる写真にも利用されており、「Bウイング・スターファイター」といえば赤丸マーキングというイメージを持つ方も多いだろう。ただ、世界各所で開催された展示会では、赤丸マーキングの無い撮影用モデルが展示されてきた。現在、開催中の「Star Wars Identities The Exhibition」(2018年11月からシドニーで開催)でも同モデルが展示されており、ネットで見られる写真は赤丸マーキング無しが多い。

 

当然、ディテールも明確な違いがある。

赤丸マーキングの無い機体では、主翼の後ろ側の外装パネルが大きく外れ内部メカが露出している部分がある。劇中映像では、可動翼を開きつつ「デス・スターⅡ」に突入していくシーンでハッキリと確認することができる。

f:id:hobbywrite:20181029145644j:plain

 

一方、赤丸マーキングの機体は外装パネルが外れることなくフラットな状態なのだ。

f:id:hobbywrite:20181029145845j:plain

 

ただ、同機は主翼の付け根の膨らんだ部分に露出メカ(小さい外装パネルが外れている)がある。

f:id:hobbywrite:20181029145919j:plain

(上)が赤丸マーキングの機体。(下)が赤丸マーキングの無い機体

 

赤丸マーキングの機は、「デス・スターⅡ」攻撃に向かうため、母船(ホームワン)から飛び立ちハイパードライブに突入するまでのシーンで利用された。劇中映像を見ると主翼後ろ側に露出メカがなく、フラットな状態になっていることが確認できる。

「Bウイング・スターファイター」の登場シーンは真後ろからのアングルが多いのだが、同アングルで明確な個別性を示すため、後ろから見て最も大きな面積を占める主翼後ろ側に大きな露出メカを配置したのだろう。

 

 

冒頭の話題に戻るが、「Bウイング・スターファイター」はコクピットが回転しても遠景で見た外観には変化はない。ただ、冒頭画像のように横になった状態をアップでみると、左右非対称のエキセントリックな姿になるのに対し、縦十字の状態(コクピットが一番上にくる)になると左右対称の機体になる。この両者には大きな印象の違いがあり、噛んでも噛んでも味が湧き出る「Bウイング・スターファイター」ならではの魅力になっている。ちなみに、公式ホームページでは「おそらく反乱軍の中でもっとも奇妙な戦闘機」と紹介している。

 

(文:撮影用モデル研究家 鷲見氏)

 ――――――――――――――――――――――――――――――

 

ご堪能いただけましたでしょうか?

 

鷲見氏の解説は引き続き次のブログに掲載させていただきますので是非ご一読いただければと考えております!

 

――――――――――――――――――――――――――――――

 

プレミアムバンダイ

「1/72 Bウイング・スターファイター [リミテッドエディション]」

 

販売価格 5,724円(税8%込)

 

【付属品】 

ディスプレイベース×1

レーザーエフェクトパーツ×1

キャノピー×2(クリアパーツ・フレームパーツ)

マーキングシール×1

水転写デカール×1

LEDユニット×1

                            

                   

・現在好評発売中

「1/72 Bウイング・スターファイター

 

販売価格 ¥4,860(税8%込)

 

【付属品】 

ディスプレイベース×1

レーザーエフェクトパーツ×1

キャノピー×2(クリアパーツ・フレームパーツ)

マーキングシール×1

水転写デカール×1

 

 

 

※こちらに記載の情報は2018年10月現在のものです。

※画像は試作品になります。

※商品は記載の内容と多少異なる場合があります。