ホビー事業部の開発ブログ

プラモデルと日夜格闘する、BANDAI SPIRITS ホビー事業部の開発スタッフによる公式ブログです。

※このページでは、記載内容・商品等に関するお問い合わせは受け付けておりません。ご了承ください。

シャッコー登場!

RE1/100シリーズがスタートして実に6年という年月が経とうとしていた。

このシリーズでシャッコーがキット化される日が来たのであるから、ガンプラの歴史はあまりにも嬉しい……

 

壮大なナレーションを前にVガンダムの冒頭のシーンは再生されていますでしょうか?

待望のRE1/100シャッコーついに登場です!

 

(※開発中のテストショットによるレビューです。製品版では変更される点もあります。ご了承ください。)

f:id:bandaihobby2:20200122152139j:plain

f:id:bandaihobby2:20200122152204j:plain

全体のプロポーション。

開発にあたって設定資料、アニメ本編、各種版権イラスト等を

参考に、現代に合わせたプラモデルとして、丁寧に立体化いたしました。

 

 

f:id:bandaihobby2:20200122152238j:plain

パッと見ではわかりづらいのですが、黄色、ブルーグレーの2色に加え、

影になる箇所に黒を置いた3色で、未塗装でも引きしまった印象に仕上がります。

 

f:id:bandaihobby2:20200122152325j:plain

さらに、独特なラインでまとめられたデザインを具現化すべく、

各パーツの形状にはいつも以上に気を遣っています。

特に脚のラインの流れやゲタ側面部分の面構成は注目ポイントです。

 

 

f:id:bandaihobby2:20200122152351j:plain

コックピットの開閉はありませんが、内部パーツにコックピットのディテールを施してあります。

完成したら見えなくなる箇所ではありますが

組み立ての工程を盛り上げるプラモデルならではの演出です。

腕に覚えのある方はハッチ開閉の改造に挑戦してみるのも一興ですね。

 

f:id:bandaihobby2:20200122152420j:plain

ビームライフルは設定上ゾリディア等と共通。

 

番組後半に登場するゾリディアでは量産型装備となっていますが、

序盤では試作機だけが使っているテスト装備だったモノです。

放映当時発売の1/100ゾリディア付属の物から進化して、スコープの展開はもちろん、

固定だったフォアグリップも設定通り可動。

全体のフォルムもブラッシュアップされています。

 

 

f:id:bandaihobby2:20200122152457j:plain

ビームサーベルは小スペースながら大腿部の収納箇所からきちんと取り出せます。

 

 

f:id:bandaihobby2:20200122152529j:plain

さすがにこのサイズでは設定の伸縮機構は再現できませんでしたので、

実際に手に持たせるビーム刃を取り付けるタイプを伸びた状態として別に用意しました。

 

 

f:id:bandaihobby2:20200122152606j:plain

シャッコーと言えば右肩の隠し武器「ショルダービームガン」収納/展開を差し替えなしの可動で再現!

その気になる構造はと言いますと…

 

 

f:id:bandaihobby2:20200122152648j:plain

収納状態。

 

 

f:id:bandaihobby2:20200122152822j:plain

まず基部のブロックが外側にスライドして…

f:id:bandaihobby2:20200122152853j:plain

基部を持ちあげつつビームガン部分が接続されている軸を可動させます。

 

f:id:bandaihobby2:20200122152928j:plain

さらに特徴的な銃口パーツを真っ直ぐにして展開完了!

f:id:bandaihobby2:20200122153016j:plain

 

f:id:bandaihobby2:20200122153050j:plain

基部と接続部の可動で好きな方向に銃口を向かせる事が出来ます。

そしてビームサーベルとビームガンと言えば…

 

 

f:id:bandaihobby2:20200122153141j:plain

サバト少尉のゾロの攻撃を退けつつ仕留めてしまい、ウッソが恐怖を覚えるあのシーン…! 

 

 

f:id:bandaihobby2:20200122153209j:plain

ゾロと言えばベスパ、ベスパモビルスーツの特徴の開閉式ツインアイセンサー。

差し換え式で両状態を再現できます。

 

f:id:bandaihobby2:20200122153251j:plain

頭部は組立て後もトップ部分が外せて、

簡単に両状態の組み換えが出来る設計となっており…

 

f:id:bandaihobby2:20200122153318j:plain

こんな感じで外せます。

 

f:id:bandaihobby2:20200122153342j:plain

取り外したトップカバーから通常状態のツインアイパーツを外して

 

f:id:bandaihobby2:20200122153416j:plain

代わりに開いた状態のパーツをセットします。カンタン!

 

f:id:bandaihobby2:20200122153518j:plain

開いた状態のツインアイには索敵時等に流れる走査線のディテールが施されていますので、

ガンダムマーカーのブラウン等でスミ入れするとグッと雰囲気が増すと思います。

 

f:id:bandaihobby2:20200122153547j:plain

ギミックに加えてデザインも他のMSに見られない特徴的なシャッコーですが、

特に印象的なのは足首。ここも設定画にある独特な構造を再現!

 

f:id:bandaihobby2:20200122153616j:plain

「この構造で脚を大きく開いたり接地出来たりするの?」とご心配の方…

ご安心を!

大きく開いてちゃんと接地しますので

実際に手に取ってもらって確認してもらいたいポイントです。

f:id:bandaihobby2:20200122153643j:plain

 





f:id:bandaihobby2:20200122153839j:plain



f:id:bandaihobby2:20200122153903j:plain

立て膝ポーズもしっかりと。

カテジナさんとカルルマンを手に乗せるためにも出来ないと(笑)



f:id:bandaihobby2:20200122153932j:plain

コアファイターなめで煽りのショット。

きっとカミオンのメンバーやシャクティの目にはこんな感じに写っていたのかもしれませんね。

 

f:id:bandaihobby2:20200122153957j:plain

ベスパの初期MSの飛行ポーズと言えばビームローターを掲げた状態、

これも肩の引き出し関節を用いる事で、

長いアンテナのあるシャッコーもしっかりとこのポーズがとれます。

 

f:id:bandaihobby2:20200122154046j:plain

今回はご紹介出来ず申し訳ないのですが、

受注ページにもある通りビームローターのエフェクトパーツは軽量なPET素材×プリントによるものが付属します。

 

f:id:bandaihobby2:20200122154133j:plain

別売りの「MG V ダッシュガンダム Ver.Ka 」(一般店頭発売アイテム)や「 MG コア・ブースター Ver.Ka 」 (一般店頭発売アイテム)に付属するするガトリングガンも使用出来るようになっています。

 

元々、劇中では「シャッコーが持ち出して使っていた」のが唯一の使用例でしたので、10年の時を経て在るべきところにたどり着いたといえます♪(歓喜)

 

f:id:bandaihobby2:20200122154156j:plain

「銃身を固定してないから当たらない!」

 

f:id:bandaihobby2:20200122154224j:plain

「誰?マーベットさん!?」

 

f:id:bandaihobby2:20200122154251j:plain

森の中からVガンダムのビームライフルで応戦するシーンも。

 

f:id:bandaihobby2:20200122154318j:plain

撮影中に気付いたのですが、

このシーンのVガンダムのライフルってセンサーとストック部のユニット外していたんですね。冨野監督ほんと芸細!

 

f:id:bandaihobby2:20200122154356j:plain

 

 

最後に、もしシャッコーがクロノクルに奪還されずリガ・ミリティアで運用され続けていたら、こんな場面があったかもしれない!そんな妄想の一枚。(興奮)

1/100スケールで「機動戦士Vガンダム」のラインナップが増えてきたのでこんな遊びも出来るようになりました。(感動)

 

アニメ本編での衝撃の登場と活躍、シリーズでも珍しい主人公がガンダムの前にライバルから奪って乗っていた敵試作MS!

 

カサレリアに今年も冬が訪れる中、ウッソが初めて乗った機体に一体、どれほど期待が集まっているというのでしょう?その潜在能力を前にファンは狂喜するのです……

 

「BANDAI SPIRITS RE/100 」次回、

「ZMT-S12Gシャッコー」

見てください!(デンデデデン♪)

 

▼RE1/100 シャッコーの購入はこちら▼ f:id:bandaihobby2:20200124232818j:plain

 

▼『 機動戦士 V ガンダム 』 関連キットの購入はこちら▼
f:id:bandaihobby2:20200124231251j:plain






 

 

【ぷちりっつ】FGO セイバー/宮本武蔵 テストショットレビュー

f:id:hobbywrite:20200117113520j:plain

みなさまこんにちは!

前回の「ぷちりっつ マスター/女主人公」に続きまして

2月に同時発売になります「ぷちりっつ セイバー/宮本武蔵」も

テストショットレビューをお届けしてまいります!

記事の最後には新情報も、、、!

 

【前回の記事はこちら↓】

 

それでは早速ランナーから見てまいりましょう!

イロプラ1枚、単色プラ1枚の2枚です!
華やかな衣装の赤青が鮮やかです!

髪色も特別に調合された成形色でばっちり再現しています!

f:id:hobbywrite:20200117113515j:plain

衣装の細かな装飾までしっかりと作り込んであります!

f:id:hobbywrite:20200117113537j:plain

刀の文字や柄の装飾までばっちり!f:id:hobbywrite:20200117113542j:plain

 

「新免武蔵守藤原玄信……!? ごめん、やり直し!
サーヴァント・セイバー、新免武蔵ここに推参! おもしろおかしく過ごさせてね、マスター!」」 
無塗装状態にシールを貼った状態がこちら
スカートのモミジ柄や鞘の柄はカイナスシールで再現しています!

f:id:hobbywrite:20200117113450j:plain f:id:hobbywrite:20200117113533j:plain

 

 それでは口へのスミ入れだけしたお手軽塗装完成品で

いくつか写真をお届けいたします!

 f:id:hobbywrite:20200117113455j:plain

 「ありがとう! では、ご期待に応えましょう!」
手足の可動でカードのポージングも再現可能です。

 f:id:hobbywrite:20200117113459j:plain
刀のエフェクトは軸回転で向きを調整できます。

 

f:id:hobbywrite:20200117113506j:plain

f:id:hobbywrite:20200117113511j:plain

「一刀三拝。修練の果てに無限に至る」

 同時発売の女主人公とならべて戦闘シーンを再現!!

 

f:id:hobbywrite:20200117113525j:plain

「よーし、今回も生き残ったわね! うどん食べに行くかっ!」

 どんどんふえてきたぷちりっつシリーズ、

ぜひたくさん集めて一緒に飾ってくださいね!

 

ぷちりっつ セイバー/宮本武蔵は

2020年2月 1400円(税抜き)で発売予定です!

発売までもう少しお待ちくださいね! 

 

 

次回のぷちりっつブログは、、、新ラインナップ登場!?

「出陣の支度をせい!退屈で仕方がないわ!」

 f:id:hobbywrite:20200117113529j:plain

  

お楽しみに!

 

※画像は開発中の試作品です。

※ホビーサイトではご予約を受け付けておりません。

※一部店舗では商品のお取り扱い、事前ご予約お取り扱いがない場合がございます。
 詳しくはお近くの店舗にお問合せください。 

 

~目覚めよ 新たなるマシン~ ハイパーファンクション LBXオーディーン発売レビュー『最終回』

タイトルからついに「直前」が取れました。。

 

そう、本日は。。。!

 

ハイパーファンクション LBXオーディーンの発売日です!!! 

 

 

今回は最終回ということで、前2回で紹介しきれなかった

商品の魅力をギュッと凝縮しご紹介させて頂きます。

(お手元のオーディーンを愛でながら最後までお付き合いください!)

 

まずは『パッケージ』から。

f:id:hobbywrite:20200115212034j:plain

 

 このポージング、何かこみあげるものがありませんか?

そうです。。

イフリートとの死闘。。。最後の一撃。。。

とどめを刺したあのシーンをイメージしてデザインしています!

このアツいパッケージ、お店で見たら即レジへ!

 

続いてはハイパーファンクションではおなじみ『マーキングシール』です。 

プラモデルの完成度を飛躍的に上げてくれるマーキングですが、今回は

「飛行形態での見栄え」「自由度の高さ」

に特にこだわって作っています。

 

f:id:hobbywrite:20200123175248j:plain

 

実は初掲載となる飛行形態からご紹介。

飛行形態にマークが入ることで「実機っぽさ」が加わり、

さらにカッコいい仕上がりに。

(この写真はシール指示にあるものに加えて、

自由に貼れるオマケシールまで貼ったデラックス状態です。)

 

続いて通常形態。

f:id:hobbywrite:20200123175323j:plain

はい、カッコいい!

ご覧の通り情報量が増してグッと完成度が上がるので、

シール貼るのメンドクサイなぁ。。と思っている方も

是非チャレンジしてみてください!!

 

 最後に付属品をご紹介。

f:id:hobbywrite:20200123181334j:plain

ランナー画像を見て、エフェクト流用か。。と思った方もいらっしゃると思います。

安心してください、別物に仕上がっております。

(上・通常 下・ハイパーファンクション)

何とリタリエイターだけで、計4色使っている超豪華仕様です。

ハイパーファンクションのアレンジに合わせ、

武器もボリュームアップしているのもポイントです。

 

f:id:hobbywrite:20200123181657j:plain

通常の握り手に加え、表情平手とサムズアップ、

ではなく武器を突き出すポージング用の角度が付いた武器持ち手が付属します。

こちらハイパーファンクションおなじみのパーツですが、

この表情手がポージングの楽しさを格段に上げてくれます。

 

 

f:id:hobbywrite:20200123190528j:plain

 さて、全3回でお贈りしたハイパーファンクション LBXオーディーンの

レビューは以上となります。

まだまだ、お伝えしたい魅力があるのですが、

後は皆様の手で組み立てて、動かして、飾って実感して頂ければと思います!!

 

繰り返しになりますが、

発売は1/25、そう本日です!!

 

ハイパーファンクションのオーディーンがお店に並ぶ日が来るとは。。。涙

皆様もぜひお手に取ってみてください!

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

 

他のハイパーファンクションシリーズも続々発売中。

そちらも合わせてチェックしてみてください!

 

ハイパーファンクション LBXアキレス|バンダイ ホビーサイト

ハイパーファンクション LBXジ・エンペラー|バンダイ ホビーサイト

ハイパーファンクション LBXオーディーン|バンダイ ホビーサイト

ハイパーファンクション LBXルシファー|バンダイ ホビーサイト

 

プラモデル『ダンボール戦機』シリーズ | バンダイホビーサイト

 

(C)L5/PDS・TX

 

ドールな彼女は一味違う?発売直前「モビルドールメイ」のご紹介!【すぐみ編】

f:id:bandaihobby2:20200122170116j:plain
ホビー事業部開発者ブログをご覧のみなさんこんにちは!

いよいよHGBD:Rモビルドールメイの発売が直前に迫ってきました。

明日1月25日発売です!

 

発売する前にメイちゃんの1stSeasonでの活躍の復習はOKですか?

 

まだ復習できてない!って人も大丈夫!

Youtubeのガンダム専門チャンネル「ガンダムチャンネル」では『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』1stSeason全話が今からでも視聴できます!

 

これはもう登録するしかないですね!!!

 

 

はい、というわけで前回に引き続き

HGBD:R モビルドールメイ

のご紹介、今回はすぐみでのご紹介!

 

 

さておさらいですが、

モビルドールメイは前作『ガンダムビルドダイバーズ』のヒロイン・サラと同じ「ELダイバー」であるメイのガンプラとしての姿です。

 

そしてそのメイの魅力をぎゅっと詰め込んだガンプラが、この

HGBD:R モビルドールメイ

なのです!もう覚えてくれてますよね?

 

 

では立ちのポーズから行ってみましょう!

f:id:hobbywrite:20200116144213j:plain

実は今回この立ちのポージングが綺麗かつカッコよく決まるようにこだわりました。

※メイちゃんを立たせるときは付属のディスプレイベースか別売りのアクションベースシリーズを使用してください。画像のメイちゃんは特殊な訓練を受けた開発者が立たせています。

 

そう、メイちゃんと言えば「脚」!

f:id:hobbywrite:20200116144311j:plain

このスラっとしつつも女性的な脚を再現するのに苦労しました。

是非購入した方はこの脚に注目していただけると嬉しいです。

 

f:id:hobbywrite:20200116144334j:plain

f:id:hobbywrite:20200116144350j:plain

実は今回のメイちゃんの脚の付け根の構造は発売中であるサラちゃんやアヤメさんといった今までの女性型ガンプラとちょっと変えてあります。

 

f:id:hobbywrite:20200116123913j:plain

このパーツ、股関節の軸なんですが、「く」の字に折れ曲がってますよね?

実はこの「く」の字のパーツが重要なんです!

f:id:hobbywrite:20200116144444j:plain

立ちなどの脚と胴体をまっすぐにするポージング時にはこの「く」の先端が上方向に曲がることで、胴体と密着し隙間の無いプロポーションになり、

脚を曲げる際は関節軸を下に下げる事で可動する空間を確保でき脚を大きく曲げることが出来るようになります!

ちょっと曲げ方のクセがありますので、実際にポージングする時は優しく動かしてあげてくださいね!

 

 

・・・ちょーっと脚のことばかりでブログのタイトルが

「ドールな彼女は一味違う?発売直前「モビルドールメイ」のご紹介!【脚編】」になりそうなので、

ここでプラモデルならではの、カスタマイズのお話です。

 

f:id:hobbywrite:20200116144512j:plain

メイちゃんの背中はバックパック等がないデザインになっています。

もちろん、もともと設定にない所にカスタマイズの為とは言え、3mm穴をあけるわけにはいきません。

 

f:id:hobbywrite:20200116144712j:plain

そこでこの上着状の背中を組み立てる軸を、

皆さんもよく目にするバックパックを接続可能な2つ穴にしてみました!

※プラモデルオリジナルギミックです。

あくまで組立用の軸なのですが、カスタマイズ等をする方はこちらを利用してみてはいかがでしょうか。

 

f:id:hobbywrite:20200116144803j:plain

一つ注意点としては、ディスプレイベースへ接続するジョイントがこの上着状のパーツに開いてますので、外してしまうとディスプレイベースと接続できなくなってしまいます。カスタマイズする方はご注意くださいね。

 

 

というわけで組み立てた状態のメイちゃんのご紹介でした。

まだまだお話ししきれない魅力満点のメイちゃんですが、

残りの魅力はぜひ実際に買っていただいて、その目で確かめてください!

 

HGBD:R モビルドールメイは1/25発売予定となっております。

明日是非ともお近くのプラモデル売り場に足を運んでみてください!

▼パッケージ担当渾身の超かわいいパッケージはこちら!

f:id:hobbywrite:20200116124204j:plain

 ※ホビーサイトでは予約は行っておりません。

 

 

 

ところで、アニメも1stSeasonが終わってしまってから、

彼女のもう一つのガンプラである「ウォドムポッド」の情報がまったく出てこずやきもきしている皆様。

ご安心ください、こちらちゃーんと開発進行しております。

・・・ので、もうしばらくお待ちください!

 

その他のガンダムビルドダイバーズRe:RISEシリーズは続々商品発売中!

こっちも是非チェックしてみてくださいね!

 

 

【バンダイホビーサイト ガンダムビルドダイバーズRe:RISE特設ページ】

https://bd.bandai-hobby.net/index.html

 

アニメの情報は下記をチェック!

【ガンダムビルドダイバーズRe:RISE公式ページ】

http://gundam-bd.net/

 

ガンダム作品続々配信中!

【youtubeガンダムチャンネル】

https://www.youtube.com/GUNDAM

 

Ⓒ創通・サンライズ

30MMブログ始動!!第1弾:ポルタノヴァ(宇宙仕様)発売直前レビュー!!

f:id:hobbywrite:20200123172038j:plain


f:id:hobbywrite:20200121002130j:plain
SFティストあふれる新たなデザインコード

 今回は1月25日発売のシリーズ最新作、ポルタノヴァ(宇宙仕様)をご紹介。

 ポルタ・ノヴァ系列では初のカスタム仕様での商品化となる(宇宙仕様)。配色は白とグレーのモノトーンでまとめられ、ストイックなハードSFメカニックの雰囲気を醸す大人っぽい仕上がりとなっています。

 月面などの低重力域での運用を意識した地球上の1G環境では考えられないくらい華奢で長い脚部や、宇宙服をイメージした密閉感のあるマスク形状。

 

f:id:hobbywrite:20200116203005j:plain

 そして、船外活動用ミッションパック風の背面パックに大型モジュールをつかむような作業を想定したクロー装備。宇宙用の装備と聞くと大きなロケットエンジンや長いプロペラントタンクといったものを思い浮かべがちですが、そこに流されず「宇宙仕様」がどうあるべきか?どんな表現に落とし込まれるべきか?地道に考察されたデザインは、担当された海老川氏の真摯な取り組みが結実した30MMシリーズの新境地といえる機体となっています。(※写真の支柱=アクションベースは別売りです)

 

f:id:hobbywrite:20200121002202j:plain

bEXM-15 ポルタノヴァ(宇宙仕様)装備一覧

 商品を説明書通りに組み立てると、写真のようにポルタノヴァ(宇宙仕様)1体、ロイロイ1体に通常型ポルタノヴァの一部の部品が余る構成になっています。

 

 

f:id:hobbywrite:20200121002227j:plain
 パーツを組みかえれば、このキットでしか組めない配色の通常型ポルタノヴァも組むことができます。(※通常型の武器・バックパックは付属しません)

 

アクションベースと組み合わせて「宇宙」が広がる!

 「アクションベース」(別売り)を使ったディスプレイです。無重力に静かに浮かぶ姿でディスプレイすることができます。

f:id:hobbywrite:20200121002243j:plain

特に支柱の長いアクションベース4(別売り)との相性が非常に良いです。

 

2セット組み合わせで広がるカスタマイズ

f:id:hobbywrite:20200121002322j:plain

 実はこの(宇宙仕様)、2セット組み合わせることで4足モードが組めるようあらかじめデザインされているのです。

f:id:hobbywrite:20200121002349j:plain

 2セット使って4足モードを1体組むことで余った部品はカスタムパーツとして使用できます。

 

f:id:hobbywrite:20200116230003j:plain
 4足モードを構築した際に余ったパーツを使ってもう1機、ポルタノヴァを組むことが可能です。余剰パーツを使用してカスタムタイプを構築できます。

 

f:id:hobbywrite:20200121002413j:plain

 ポルタノヴァ(宇宙用)を2セット用意して、4足モードを組み合わせで作った残りの部品で通常型ポルタノヴァを組むとこのような構成になります。2セット買って全く違うシルエットの機体が1機づつ組めて、なおかつその2機を個別にカスタムできる自由度の高いパーツ構成となっています。

 

f:id:hobbywrite:20200121002433j:plain

 2セットの組み合わせでもカスタムの幅は大きく膨らみます。(※写真のアクションベースは別売りです)

 

ポルタノヴァ宇宙仕様小隊、ミッション開始!

f:id:hobbywrite:20200121002532j:plain

 量産機ならではの「同じ形の機体が複数並び立つ」ことで生まれる魅力もたまりません。

 

f:id:hobbywrite:20200121002549j:plain
 3体になるとアクションベース(別売り)を使ったディスプレイの楽しみも大幅に広がります。浮いてる状態で小隊編成でのディスプレイを組んでみるのも一興です。

 

f:id:hobbywrite:20200121002608j:plain
 複数セット揃えたうえでのカスタマイズは無限大。30MMシリーズの組み換えカスタムを楽しむスターターキットとしてもお勧めです。(※写真のアクションベースは別売りです)

 

 そのまま組んでよし、カスタムしてよし、並べてよしの3拍子揃った30MMシリーズ2020年最初の商品、

30MM 1/144 

bEXM-15 ポルタノヴァ(宇宙仕様)[グレー]

2020年1月25日発売予定 定価1980円(税込)

 

 

f:id:hobbywrite:20200121193227j:plain

店頭でこの箱をチェック!